タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

不幸は重なる

移動を避けたいこの時期に、母が入院した。

急遽実家のある鳥取に帰ったけれど、京都から来た私が面会する為には厳しいルールをクリアしなければいけない。

f:id:kisaragikyo:20210608160850j:image

(分かりにくいけれど、鳥取駅)

f:id:kisaragikyo:20210608162937j:image

(駅前広場には、多分廃材利用の木製のテーブルと椅子が置かれていた)

面会出来るのは、健康な親族に限られる。これはまあ分かる。

厳しいルールというのは、県外から来た者は2週間鳥取に居て、その間鳥取県民以外と全く接触してはいけないというものだ。

もしも県外者と接触すれば、2週間ルールがリセットされてしまうので、当地に夫や妹を呼ぶ事すら出来ない。

その上、京都でコロナワクチン接種の予約が出来ても、その為に京都に帰ればまた当分面会が無理な状況になるのだ。

担当医と電話で話したけれど、たとえワクチン接種を2回受けたとしても、感染の可能性がゼロとは言えない為、ルールを守らなくてはいけないと断言された。

こちらの病院は、京都に比べるとかなり厳しいように感じる。

京都の個人病院では、受付で口頭で体温や体調を尋ねられるけれど、実際に体温を測る事はあまりなく、やや緩い。

 

現在は安定しているけれど、老人の事だから病状が急変する事も考えられる。それでも会えないのか、と悲しくなる。

今は、鳥取市に住む90歳の叔父に、面会や諸々の手続きを全部お願いしている。申し訳ないなと思いながら、叔父が元気で居てくれて良かったとホッとしている。

叔父と会って話せば、叔父が面会に行けなくなる為、専ら電話で連絡を取り合っている。

まったく、何ていう時代だ!

しかし、ストレスを溜めると私がどうにかなりそうなので、到着初日は駅前の温泉付きビジネスホテルに宿泊した。

温泉がリニューアルされたばかり。とても快適に過ごせて良かった。

明日からの一人暮らし、頑張ろう!

誰も居ない実家に、紫陽花やつつじが咲いていた。

f:id:kisaragikyo:20210608163244j:imagef:id:kisaragikyo:20210608163441j:imagef:id:kisaragikyo:20210608163459j:image

ただいま。