タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

実家の前にヌートリア出現

鳥取に帰省中の妹から、「家の前の溝にヌートリアが居た!」とメールが来た。

えっ?あのネズミの大きいヤツ?

にわかには信じ難かったが、どうやら本当らしい。

          f:id:kisaragikyo:20210506105420j:image

鳥取の広報を見ると、ヌートリアばかりかアライグマまで出没して、農家の野菜をむさぼっているという。

ヌートリア・アライグマ防除の指針/とりネット/鳥取県公式サイト (tottori.lg.jp)

そう言えば、近所の人が収穫時期のサツマイモの殆どを狸に食べられたと仰っていた。

それは、もしかしたらアライグマの仕業?

          f:id:kisaragikyo:20210506105504j:image

あらいぐまラスカル』というアニメの中で、アライグマがトウモロコシを食い荒らすという場面があった。

アライグマの習性なのか、一本を完全に食べるのではなく、おいしい所をちょっとだけ齧っては大喜びで声を上げて、次々ともぎって食べていた。少しでも齧られたら売り物にならないから、農家にとっては大損害。タチが悪い。

あらいぐまラスカル: 徳間アニメ絵本37

あらいぐまラスカル: 徳間アニメ絵本37

 

そんな騒動もあって、やがてラスカルは野生に帰された。

主人公の少年とラスカルは、親友と呼べるほど仲がいい。辛い別れの場面は泣けた。しかし、野生動物を一般家庭でペットとして飼育する難しさも知り得たアニメだった。

どんなに飼い馴らされていても、可愛くて利口な動物でも、野生の血を完全になくすことは出来ないのだと思った。

 

実家の近くには湖山池という大きな池があり、住宅地を通る農業用の小川には鯉が遡上して優雅に泳いでいる。

 

冬の寒さを除けば、食べ物が豊富で自然豊かな環境は、外来動物の棲家に適していのだろう。


f:id:kisaragikyo:20210506115201j:image

    (湖山池)

2年前、実家の庭に動物のデッカイウ○チが落ちていた事がある。(ビロウな話で申し訳ありません)

どんな動物の落とし物か知りたくて検索すると、大きさと言い色形と言い、熊のそれにそっくりだった。ご近所さんに訊いてみたが「まさか。熊は出ないよ。狸じゃない?この辺でよく見かけるから」と言われた。しかし何だったとしても怖いので、それ以来家の外壁ぐるりにセンサーライトを取り付けた。

 

 

時々猫に反応して夜中にピカっと光っているが、それ以来迷惑な落とし物は無くなった。

しかし、私は今でもあれは熊だったと信じている。

京都市内の、我が家近くの住宅密集地でさえ熊が出没したくらいだから、十分あり得ると思っているのだが…。