タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

京都のメロンパン

皆様はメロンパンと聞いて、どんなものを想像されるだろうか。きっと、外側がこんがり焼けたサクサクのクッキー生地にマス目状の切れ目が入った、あのパンだと思う。

しかし、何故か京都のメロンパンはこんな形をしている。これは、京都市内にある山一パン製。いつからか『京風』と銘打っているが、以前はこれが『京風』抜きの普通のメロンパンだった。

    f:id:kisaragikyo:20210408113103j:image

初めはえっ?違うでしょう。

メロンパンってこうじゃないよね。と違和感があったけれど、次第になじんだ。

その頃、京都では下のような正統派メロンパンを『サンライズ』と呼んでいた。

かじりメロンパン 食品サンプル パーツ 日本製

一時期、全国的にメロンパン屋さんが急増した事がある。近所に甘い香りが漂い、焼きたてのメロンパンを求めて、専門店の前には行列が出来た。

その影響か『サンライズ』という呼び方は隅に追いやられ、この頃からメロンパンと言う名が京都にも漸く定着した。

私も何度か買い、熱々のメロンパンを頬張ったものである。メロンパンに特化した専門店って凄いなぁと思いながら、いつまで続けられるのかしら、と余計な心配をしていた。

 

その心配通り、ブームはあっと言う間に去り、町は静かになった。しかしその後、メロンパンは、京都でもサンライズではなくメロンパンという名で(ややこしい!)パン屋さんに並び、カレーパン同様に不動の地位を占めているような気がする。(あくまで想像をまじえた個人的な感想です)

美味しいものは不滅なのである。

私もメロンパンを作った事があるが、パン生地とクッキー生地の膨張率がバラバラで、見るも無惨な失敗作だった(涙)。プロに頼るのが一番だと悟り、それ以来作る気がしない。

 

さて、先程の京風メロンパン。


    f:id:kisaragikyo:20210408113119j:image

 

パン生地の中身は白あんで、この辺が京風かなと思う。


    f:id:kisaragikyo:20210408113129j:image

表面のクッキー生地は薄く、甘さは控えめだが、結構ボリュームがある。

この白いお皿は、以前ヤマザキ春のパンまつりで貰ったもの。密かに、ライバル同士のコラボなのである。

食べながらそんな事を考えていた。