タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

せめて笑って終わりたい

近所のスーパーが変わった。機械にお金を入れて精算するセルフ方式になり、それが面倒な私は、お店のポイントカードにチャージして支払うようにしている。

コロナ以来、直接店員さんと現金の遣り取りをする機会が少なくなった。財布の小銭も減ってきたけれど、これは良い事なんだろうね。良い事であって欲しい。

慣れない方法の支払いに、戸惑っている方を時々見掛ける。

レジ付近の、顔見知り同士のお年寄りの立ち話。

「払い方が変わって、やりにくいなぁ」

「そうやな。でも、こちらが変わらんとあかんね」

「そうや。変わらんとね」

私はこの何気ない会話に密かに感動した。

世の中が変わろうとしているのだから、いつまでも古いものにしがみついていたら、取り残されてしまう。

『私も変わらないとね…』そう心の中で呟いていた。

 

今月初め、こんな京都水族館の新聞広告が入っていた。

f:id:kisaragikyo:20201223100053j:image

水族館や動物園では、生命の管理や維持に費用も手間も掛かる。入場制限で観客が居なくても、決して目を離す事は出来ない。きっと毎日大変な思いをされているに違いない。

それでも、『祝って終わる』意気込みを忘れない。

私はこの広告に、とても励まされた。ここに掲載出来ないのが残念だけれど、裏は飼育員さん達の笑顔の写真。

見るたびに元気が出る。ありがとう。

カーテンを洗い、大掃除が終わり、ホッと一息。スマホのカメラアプリで、イラスト風に加工した私の部屋は、少しだけ素敵に見えた。

f:id:kisaragikyo:20201223100615j:image
せめて、私もこの年を笑って終わりたい。

いつも当ブログをお読み頂き、ありがとうございます。来年もよろしくお願い致します。

皆様どうぞよいお年をお迎え下さい!