タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

あだ名っていじめですか?

あだ名はいじめに繋がるとして、禁止する学校があるそうだ。

本人を中傷して、嫌な思いをさせるものは禁じられるべきだけど、そうでなければ別に良いのではないかと思う。

私は小学生の時に『親分』と呼ばれていた。ドラマの中の親分と同じ名字だったのでそうなったのだが、別に気にはならず、むしろ嬉しかった。

「親分、ちょっと」と言われたら普通に「何か用?」と答えていた。

中学の時は『牛ちゃん』だった。理由はよく分からないけれど、動作がのろいからかな。それが自分だと受け止めて、呼ばれれば返事をする。気にした事も無い。

大学に入った途端に下宿の先輩から『うさぎちゃん』と呼ばれ、このあだ名は定着した。私が鳥取出身なので、因幡の白兎から来ている。

この神話、若い人は知らないかも…。

いなばのしろうさぎ (はじめての世界名作えほん)

満員バスの中で、友達に「うさぎちゃ〜ん」と呼ばれて恥ずかしかったが、嫌な思い出ではない。もしかしたら、私の本名を知らない友達も居たかも知れない。

 

息子は小学校から大学までずっと『りんごちゃん』だった。小さい頃はほっぺが赤くてまさにりんごちゃんだった。しかし成長するにつれて、このあだ名が似合わなくなった。でもずっと変わらなかったのは、友人が広めた事もあるが、案外本人が気に入っていたからかも知れない。

f:id:kisaragikyo:20201115151544j:image

このあだ名で、面白いエピソード がある。

高校生の時、クラス替えで息子と同じクラスになった女子は、『りんごちゃん』の正体を知って目が点になったらしい。彼女はほっぺの赤い可愛らしい女の子をイメージしていて、本人とのギャップにとても驚いていたという。

完全に、『りんごちゃん』が一人歩きしていたのだった。

 

子供のあだ名を、親が学校に抗議する時代って変だ思う私は、鈍感過ぎるのかな?