タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

宿題は一緒に・ミニチュアのお家

昭和30年代の暮らしを、ミニチュアで再現しています。

解説を兼ねて、小学5年生のまこちゃんの目を通して見た、簡単なストーリーを作りました。

*   *   *   *   *

《 まこちゃんの日記 》

夏休みも終わりに近づいた日、山崎さんの家で、宿題をすることになりました。仲良しの高田さんも一緒です。私はあまり宿題がはかどらなくて困っていたので、大助かりです。 久しぶりに、お友達に会うのも楽しみです。

お邪魔しま〜す。

f:id:kisaragikyo:20200829113752j:image

山崎さんのお母さんが、一番風通しの良いお茶の間に通して下さいました。裏山から吹いてくる風がひんやりとして、本当に涼しいお部屋です。

f:id:kisaragikyo:20200829113718j:image

「かわいい浴衣ね」

「お祭りの時に、おばあちゃんが縫ってくれたの」

いいな〜。私も来年は作ってもらおう。

f:id:kisaragikyo:20200829115126j:image
窓辺の金魚は、お祭りですくったものらしいです。かわいい〜。

f:id:kisaragikyo:20200829131320j:image

f:id:kisaragikyo:20200829113850j:image

さあて、早速宿題をしましょう。

「夏の友」、私はまだ半分しか出来ていなかったけれど、他の二人と教え合いながら、何とか問題を解いていきました。

f:id:kisaragikyo:20200829115525j:image
「ちゃぶ台の上を片付けて、おやつにしましょうね」

「は〜い」

おばさんの言葉に、私達は一旦お道具を片付けました。

f:id:kisaragikyo:20200829114036j:image

おやつは、スイカと茹でたてのトウモロコシ。それにオレンジジュースも。大好きなものばかりです。やったぁ!

f:id:kisaragikyo:20200829114101j:image

ウフフ。おいしいね。

f:id:kisaragikyo:20200829124421j:image
おやつの後で3人とも宿題を終えて、お喋りタイム。宿題は友達に会うための口実だったのかもね。

こうして、楽しい一日が過ぎて行きました。

モチロン、明日も遊ぶ約束をしましたよ。

*   *   *   *   *

《制作を終えて》

夏の前半はダラダラと過ごして、気が付いたら夏は終わりそうになっていました。

あら大変。絶対作るゾ!と息巻いていた『夏物』の制作が終わっていない…と言うか、手もつけていない!

壁面は去年の展示会に出したものですが、時間が足りずに作り込めていなかった。それに手を加えて、細部を作り込もうと考えていました。

まだ足りない面はあるけれど、力は尽くした感がある。脱力。


f:id:kisaragikyo:20200829132845j:image

一応、水屋の引き出しやガラス戸は、全部開きます。苦手だけど頑張りました。

ちゃぶ台は、勉強用・おやつ用の2つ制作しました。