タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

謎多きプレゼント

東京の孫・3歳が、時々電話をくれるようになった。

第一声が「おばあちゃん、頭大丈夫?」

「ハハハ。大丈夫だよ。何ともないよ〜」

去年の大晦日、私は自転車にぶつかって壁に激突する事故に遭い、その現場に一緒に居た二人の孫は、一部始終を目撃。瞼から血がたら〜っと流れるところを、しっかり見ていたのだ。

息子によると、下の子が時々心配になって「おばあちゃん、大丈夫かなぁ。電話してみようよ」と言うのだそうだ。

トラウマになっちゃったかな。悪いことしちゃったな〜。

「おばあちゃんは元気だから心配しないでね。電話、どうもありがとう」

と言うと「どういたしまして」と切った。

この前まで赤ちゃんだった子が、どういたしましてだって。くすぐったいね。

シャイな上の孫は、電話に出ずに後ろで「あと2分…、あと1分…」とカウントしている。

無料通話の制限時間は5分。

それぞれに役割があって面白い。

そんな上の孫が、絵を描いて送ってくれた。

なかなか上手だね。

じぃじはこの絵に「は〜い」と返事した。

f:id:kisaragikyo:20200724102855j:image

やや性格が屈折しているばぁばは、「鍵盤ハーモニカとけん玉…なんでや?」と思う。

f:id:kisaragikyo:20200724102926j:image

もしかして、韻を踏んでる?

いや、たまたま二つが側にあっただけ?

「どうでもエエがな。これで遊ぼうと言う事やないか?」と夫。

横須賀の海岸で拾った貝に、色を塗ったり、星のシールを貼ったりしたのもあった。

「この《今》って何やろ」

習いたての漢字を書いてみたのかな?
f:id:kisaragikyo:20200724102948j:image

いや、もしかしたら《令和》と書こうとして、スペースが足りなくなった?

などと想像しては楽しんでいる。