タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

肩すかし?いいえご利益。

母が暮らす施設へ行く途中で、満開の桜の木を見つけた。その奥には神社があり、桜に誘われるようにお詣りをした。f:id:kisaragikyo:20200408114816j:image

この神社はあまり目立たないので、申し訳ないけれど、いつも存在にすら気付かないまま通りすぎていた。

物言わぬ桜が、気付かせてくれた。

f:id:kisaragikyo:20200408114854j:image

母を整形外科に連れて行く為、施設に向かっていた時だったので『どうか母が良くなりますように』と、手を合わせた。

さて、施設の母は「どこも痛い所は無いよ」とケロリとしている。え〜っ!?、痛くて動けないって聞いたんだけど…。薬で治ったの?

でも折角予約を入れたので、一応念のために診察してもらう事にした。

病院の受付で体温計を渡される。二人とも平熱だったので、受診可能。

先生も、治っていますね、もう大丈夫でしょうという診断で、何だか肩すかしを食らったみたいだった。

わざわざ京都から、万難排してやって来るまでも無かったか…。母を見ると「ほらね大丈夫でしょう」みたいな、したり顔。

それまでの労力を思うと腹立たしい。

ま、いいか。良くなったんだから、と気持ちを切り替える。

これは神様のご利益なんだ。そう思えば、先程の腹立ちが、ありがたさに変わる。f:id:kisaragikyo:20200408115836j:image

帰りにもう一度神社に寄って、お礼詣りをした。