タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

踏まれて輝く ・ 歩道ギャラリー(その1)

一昨年の年末、母が慢性硬膜下血腫で手術し、約1ヵ月間の入院を余儀無くされた。

『また長期滞在になりそうだな…』

面会の帰り、暗澹たる気持ちで駅へ向かう私は、うつむき加減。

その時、ふと目の端に留まった物があった。足を止めて眺める。

ふふ…。二十世紀梨か。


f:id:kisaragikyo:20200217090428j:image

 

間隔を置いてまた。

これは鳥取砂丘…。

f:id:kisaragikyo:20200217090525j:image

松葉がに。

f:id:kisaragikyo:20200217090627j:image

傘躍りの傘。
f:id:kisaragikyo:20200217090743j:image

タイルだけじゃないよ。

マンホールの蓋にも。

f:id:kisaragikyo:20200217104302j:image

いいな。こんな遊び心。

踏まれるのが仕事。
でも、それだけじゃつまらない。

ちゃんと自己主張だってする。

『見て見て。僕はここにいるんだよ』って、輝いてみせる。そして、冷えた気持ちをちょっぴり温めてくれる。
あの日、折れかけた心が見つけた芸術。