タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

鳥取→京都 旅の重さ

18日、京都へ帰る日。

夜半から雪が降り始めた。

 

朝4時半、『ズドドドド』という大きな音で目覚める。わっ、庭にイノシシが侵入?

恐る恐るカーテンの隙間から覗くと、雪が降っていた。多分あれは屋根から雪がずり落ちる音だったのだろう。

 

間もなくラッセル車が道路の除雪を始めた。何度も往復しながら、道の両脇に雪を寄せていく。私はその音ですっかり目が冴えてしまい、ゴミステーションまで不燃ゴミを置きに行った。

外は真っ暗。長靴でギュッギュッと雪を踏みしめる。

参ったな〜。これから京都に帰ろうというのに、雪が降るなんて。

 

昨日帰れば問題無かったけれど、ゴミ出しも大切な仕事。その為に京都へ帰る日を延ばした。

 

でも、ここから駅に出るのに路線バスでは無理。まずバス停までの雪道をウォーキングシューズでは歩けない上に、キャリーケースのコロだって動かない。いつもなら3分で行けるんだけど… 。

 

迷った末に、タクシーを呼んで駅まで出た。

この場合、節約なんて言ってられないもの。

午前10時の駅前はシャーベット状の雪が溜まって歩きにくい。キャリーケースを持ち上げて、転ばないように用心しながら歩く。


f:id:kisaragikyo:20200218174536j:image

 

フ〜。やっとバスの中。
そして、高速バスからの風景は吹雪。向こうの山がぼやけて見える。

f:id:kisaragikyo:20200221094055j:image

 

いつも通りすぎるだけだけど、杉の町、智頭福原のバス停は、杉丸太のログハウスで、ほっこりかわいい。


f:id:kisaragikyo:20200218174716j:image

3時間後、京都に到着した。

あれっ?雪が全然無い!


f:id:kisaragikyo:20200218174804j:image

 

お天気良すぎ。


f:id:kisaragikyo:20200218174819j:image

日本列島の長さを、あらためて感じた。

 

さて、今回のお土産は定番の『打吹公園団子』と…。

f:id:kisaragikyo:20200221095927j:image

 

干し芋

f:id:kisaragikyo:20200218174920j:image

 

あらま。

いつから『星取県』になったんだろう。
f:id:kisaragikyo:20200221100123j:image