タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

これでいい これがいい

明けまして

          おめでとうございます

 

下鴨神社の大絵馬
f:id:kisaragikyo:20200102135023j:image

f:id:kisaragikyo:20200102140204j:image
年末年始は、息子と孫二人が遊びに来て、忙しく過ごした。

 

ミニチュアの喫茶店は、孫たちに見つからないようにビニールカバーを掛けて隠しておいた。

なのに、気がつけば妹3歳が手にショーケースを握っていて、「あっちのお店で遊びたい」とねだる。

あは、あはは。それ、そっと触ってね。落としたりしないでね。お願いだから。

しかし、天使の笑顔で頼まれれば、ばあばとしては、むげに断るわけにはいかんわな〜。

よしよし、と喫茶店を運んで来る。しかし、壊されはしないかと、内心ドキドキ。f:id:kisaragikyo:20200102152209j:image

「お友達がほしいな〜」

つまり、人形を使って、このミニチュアで遊ぼうと言う意味。

ウッ。デカイぬいぐるみを、ドアから出そうとしている。

「こっ…、これはちょっと大きいよね。もっと小さいのにしようね」

「はあ〜い」

よかった…。

f:id:kisaragikyo:20200102152632j:image
それも無理だって!

といった感じで、ハラハラドキドキのおままごとだった。

 

いつものように、息子の「たまには楽をさせてあげたい」という意向で、お嫁さんはご実家で数日を過ごしている。

それは、とても立派な事なんだ。息子よエライ、と思う。

だけど…

おせち料理を作り、三度の食事の支度と片付け。山ほどの洗濯をし、部屋を掃除するのは誰?

お風呂掃除位はやってくれないのかな?

 

やがて一家は東京へ帰り、そんな嵐の日々がやっと終わった。

 

夫は「お正月なのに、一緒に居られなくて悪いね」と新年会に出掛けた。

「いえいえ、大丈夫。お付き合いも大事だからね」と、笑顔で送り出しながら、心は万歳三唱。これでやっと自由になった!

寝正月だ〜。

録画してある『相棒スペシャル』を観よう。

 

でも、お腹はすく。

おせち料理の残りを刻んで、酢飯に混ぜ、紅しょうがと海苔をトッピングすれば、ちらし寿司の出来上がり。

それも、数の子だって入っている、かなり具沢山の豪華なちらし寿司。

インスタントの豚汁を添えて、デザートは余ったシュークリーム。

f:id:kisaragikyo:20200102135616j:image
孫が居ない家はしんとして、一抹の寂しさが残る。

しかし、静かな部屋で食後のコーヒーを飲みながら思う。

これでいい。これがいい