タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

小さな靴

ピクニックには歩きやすい靴が必要です。こんな感じのね。

メジャーと一緒に撮るのを忘れましたが、サイズは縦2.5㎝横1.2㎝です。
f:id:kisaragikyo:20191002161531j:image

横向き。
f:id:kisaragikyo:20191002161621j:image

靴底は樹脂粘土で作りましたが、粘土の性質上2割ほど縮みましたので、再び粘土をくっつけて大きめに修正しました。下は中底で、厚紙に布を貼っています。この周りに生地を貼り付けて靴の形に形成します。f:id:kisaragikyo:20191002161744j:image

この時点ではまだ手探り状態。夢の中でもあれこれ考えていました。悩みに悩んだ末、実際に自分の靴を見ながら、下のような形に生地を切りました。これを組み立てて作るのですが、まだかなりいい加減です。くっつけてからハサミで修正しました。
f:id:kisaragikyo:20190927175820j:image

 

まずチューリップ型の生地を中底に貼って、バランスを見ながら、残りの細長い生地を両端が正面になるように貼ります。長すぎて重なった場合は、1㎜ほど隙間が開くようにカットします。
f:id:kisaragikyo:20191002171920j:image

綺麗に整ったら、裁縫に使う木綿糸を針に通して2本取りにし、靴紐にします。糸はかなり長めにしないと、最後の蝶々結びが出来ません。最後に靴底を貼って出来上がり。

 

ちょっと言い訳をしますと、これを制作した実家には、細かい作業が出来る小さいハサミが無くて、切り方がギザギザになってしまいました。

 

でもやっと出来たので、ホッとしました。
f:id:kisaragikyo:20191002170143j:image

 

出来上がった時についつい歌ったのは、モチロン、あの歌でした。

 

🎤で〜きた できた〜

      こ〜びとさんのおっくっつ〜

 

要領が分かってきたので、靴はこれからも作りたいと思います。