タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

料理

夫の手料理

昨日お昼、にゅうめんを夫が作ってくれた。 美味しかった。 味より何より、自分で作ろうという意気込みが嬉しい。 お出汁はインスタントで、かまぼこは底に沈み、おあげとネギの切り方は雑だけど、あんた成長したね〜。 私が寝ている間に朝食も作ってくれて…

ブリのオセロ焼き

帰宅した夫に、「今日のおかずは、はブリのオセロ焼きだよ」と言うと、少し首を傾げてから、「ああ、そう」とニッコリした。 きっと新しい魚料理をを開発したと思ったのだろうが、期待されちゃあ困る。 だって、こちらは普通だけど…、 反対側が焦げている。 …

京都のメロンパン

皆様はメロンパンと聞いて、どんなものを想像されるだろうか。きっと、外側がこんがり焼けたサクサクのクッキー生地にマス目状の切れ目が入った、あのパンだと思う。 しかし、何故か京都のメロンパンはこんな形をしている。これは、京都市内にある山一パン製…

鳥取としばしのお別れ

4か月ぶりに、やっと母との面会が叶った。車椅子生活で、認知症が進行しているけれど、体調は悪くない。この冬はいつもの喘息が出なかったからか、少し頬がふっくらとしていた。 私が娘だという事は認識出来るが、名前は出てこない。 「○○だよ」と言うと「あ…

小さくてゴージャスな、デコレーションケーキ

最大で直径8mm位の薔薇を、沢山作りました。入れている容器は、ペットボトルのキャップです。 これから、全体のバランスを見ながら台座にくっつけて、デコレーションケーキの出来上がり。 甘〜い感じに撮ってみました。 まだニス塗りしていないのですが、ち…

ミニチュア雑煮とエビイモと

お正月三が日はとっくに過ぎてしまいましたが、敢えてお雑煮の話題です。 京都のお雑煮は独特で、丸餅、鶏肉、エビイモ、人参、かまぼこ、椎茸、ミツバ、などを、白味噌仕立ての出汁に入れます。甘口でとても美味しいのです。 それをミニチュアで作ってみま…

メリークリスマス!

『恋人がサンタクロース』が映画も含めて大ヒットしたからか、《ユーミン》の俳句の季語は冬になるそうだ。 思えば、あの頃はバブリーな時代だった。 俳句の季語になっちゃうなんて、さすが大物。 昨夜、皆様は素敵なイブを過ごされましたか?土日がお休みの…

《ふろふき大根》おなかの中からあったまろ

熱々のふろふき大根を食べると、おなかの中からぬくぬくです。大根は美味しいだけではなく、そんな効果があります。 ◾作り方 大根の皮をむいて3㎝の厚さに切り、面取りをして、厚みの半分くらいまで十字に切れ目を入れます。(面取り忘れた!) 米の磨ぎ汁であ…

ポテサラ・餃子論争に思うこと

「前に君が作ってくれた○○、あれ美味しかったな〜」 と言う夫の言葉を、最近重荷に感じる。 料理の内容は、カレーコロッケやポテサラ、手作り餃子など、何れも手間の掛かるものばかり。 買ってきたのでええやん、と思う。それを言うと、「あ、そやけどな、家…

寒い時の時短料理

これからやって来る季節にピッタリの、熱々でトロトロのお料理です。冷蔵庫に残っていたチンゲン菜と、カニかまで作りました。 その名も、見たまんまの………、 チンゲン菜とカニかまの卵あん 《材料》 ・チンゲン菜 1束 ・カニかま 1パック ・卵 1個 ・水 300c…

忙しかった9月

9月の連休に鳥取に帰省してきた。コロナの影響で、施設の母には会えない。 今回の目的はお墓参り。そして、家の管理と諸々の雑事だ。 高速道路は渋滞していて、いつもの倍、6時間かかって実家へ到着した。 郵便受けに、「敬老の日のプレゼントをお渡ししたい…

事故ったのに、ちょっと嬉しげな夫

金曜日の昼前「事故っちゃったよ〜」と情け無さそうに言いながら、夫が帰宅した。怪我は無さそうなのでひとまずホッとする。 夫は優秀なドライバーだと、私は評価している。自分のミスから事故を起こした事は、今まで一度もなかった。 私が知る限り、事故と…

思いやりだよ

蒸し暑い日が続くと、つい冷たいものばかり食べてしまう。今からこれでは、夏本番が思いやられる。 そろそろ、温かいスープなんてどうかな。体が温まって、胃もたれしない、野菜だけの優しい味。 材料は野菜とコンソメ、それに塩コショウだけ。入れたのは、…

休まないと倒れるよ

母が新たに入居した施設の事務的な手続きがあり、夫と二人で暫く実家に帰っていた。 本来は面会不可だけれど、責任者の方の特別な取り計らいで、ロビーで母と会うことが出来た。元気そうにしていたので一安心。 以前の施設からの引き継ぎで、食べ物の好みや…

NTTを騙る詐欺にご用心

電話(固定)のベルが鳴る。大抵は何かのセールスなので、いつもは留守電にして様子を伺い、知人の場合はこちらから掛け直す。 でも、この時は何気なく受話器を上げてしまった。 「NTTの者ですが、回線が替わり、近々お宅のファックスが使えなくなりますので、…

母の日プレゼント2020

ちょっと前の話になるけれど、母の日に息子夫婦からプレゼントが届いた。 お嫁さんセレクトの、ミニスタジオとスパチュラ、それに風月堂のパピヨット。 天井にはLEDライト付き。スタジオが欲しいなと思っていた。心を読まれたかな? へー、こんなのがあるん…

忘却のサチコ

このところドラマ『忘却のサチコ』にハマっている。空き時間にネットの動画を観たのがきっかけだったが、高畑充希の演技に引き込まれて、シリーズ全部見終わった。 職場では誰もが信頼する敏腕編集者だが、真面目すぎて恋愛に疎いサチコ。披露宴の最中に理由…

ちょっと温泉へ

今回も何度か施設へ面会に行き、笑顔の母を見て、安心する。 鳥取では新型コロナウイルスの患者数ゼロだが、施設の入り口に『マスクの着用をお願いします』とあり、マスクをしていて良かったと思った。 母とは、いつもスマホの画像を見ながら、昔の事など他…

これでいい これがいい

明けまして おめでとうございます 下鴨神社の大絵馬年末年始は、息子と孫二人が遊びに来て、忙しく過ごした。 ミニチュアの喫茶店は、孫たちに見つからないようにビニールカバーを掛けて隠しておいた。 なのに、気がつけば妹3歳が手にショーケースを握ってい…

えっ?ポールウインナーを知らないの?

おなかがすいた〜と言う二人の孫に、冷蔵庫からポールウインナーを出して渡すと、一瞬不思議そうな顔をしていた。 食べ始めると「おいしい!」あっという間に完食して、もう1本追加。 伊藤ハム ロイヤルポールウインナー ソーセージ 10本入 メディア: その他…

今日の京都

なんだなんだ、うっかりしていたらもう散り始めてるじゃないの。 朝から吹き荒れていた木枯らしに、やっと色付いた葉っぱを持って行かれそうです。 これが本日のベストショット。 でも、もうこんな感じなんです。 紅葉を求めて、下鴨神社まで足を運んでみま…

オムライス・オムライス

オムライスは初めて食べた時から、ずっと好き。初対面の時に、なんて綺麗な食べ物なんだと、感動したのを覚えています。それにあの、中に何が包んであるのか、どんな味なのか、期待をかき立てられる、なだらかなフォルム。スプーンを入れた時の、しっとりと…

京のおあげさん

まだ母が元気な頃に、京都の我が家に遊びに来た時の話。 冷蔵庫の中を覗いていたと思ったら、いきなりゲラゲラ笑いだしました。 「どうしたん?何かあったん?」 「いや、これがな…」 まだ笑いが止まらない母が、手に持っていたのは、油揚げでした。 「こん…

やっちゃった! 冷凍ジャガイモ

今夜はカレーにしましょっ。 お肉と玉葱と人参とジャガイモ、それにシメジ…と。アレレ、無い。ジャガイモが無いっっ。 昨日確かに買った筈なのに、どこにも無い。 嫌な予感。もしかして、やっちゃった? あ、やっぱり。 冷凍室をおそるおそる開けた私の目に…

山盛り食べるぞ!ゴーヤチャンプルー

普段はそれほど食べないのに、急にゴーヤチャンプルーが食べたくなりました。これは、きっと体が足りないものを求めているサイン。早速作りましょ。ゴーヤは半本です(一人分)。わたをこそげ落として、さっと湯通し。氷水に1分さらすと、何とも鮮やかな緑色。…

そら豆びより

ご近所さんにそら豆を頂きました。京都の八百屋さんで見かけたパック入りは、7〜8本で300円位だったので、「高っ!」と素通りした記憶があります。中身は何粒かを考えると、とても手を伸ばす気にはなれませんでした。それが、そら豆さんの方からやって来てく…

蕗の煮物

もう十分伸びたよね。そろそろいいよね。庭の隅、蕗が伸びてきました。太めのを切り取り、板ずり・アク抜きをして皮をむき、出汁で煮て…。ジャーン‼蕗の煮物の出来上がり。鰹だしの他には、塩と酒だけの味付けです。たっぷりの鰹節ををトッピング。…(今回は…

タケノコ貰った!

実家のお隣さんに、立派なタケノコを頂きました。早速アク抜きしなくっちゃ。タケノコ大好きな、私の心は逸ります。おっと。米ぬかがないけど、ま、とぎ汁と米で代用しましょう。米は、大さじ2杯程度。先を切り落とし、十字に切れ目を入れて、たっぷりのとぎ…

おから大好き!

子供の頃からおから好きです。ひじきや切り干し大根なども、物心つく頃から大好物。食べ物に関しては、シブイ趣味の子供でした。おばあちゃんが炊いた甘辛い味は父に受け継がれ、そして今では私の味になっています。冷蔵庫に少しずつ残った根菜やちくわ、そ…

えっ、今から作るの?…金柑の甘露煮

昨日の夕方、母が冷蔵庫から金柑を出してきて、「これで甘露煮を作ってくれない?」だって。これから夕御飯の仕度をしようと、エプロンを掛けていた私はビックリ。何もこんな時間に始めなくてもいいのに、それにこの金柑、まだ青いし…。ちょっと不機嫌な私に…