タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

ドールハウス

小さくてゴージャスな、デコレーションケーキ

最大で直径8mm位の薔薇を、沢山作りました。入れている容器は、ペットボトルのキャップです。 これから、全体のバランスを見ながら台座にくっつけて、デコレーションケーキの出来上がり。 甘〜い感じに撮ってみました。 まだニス塗りしていないのですが、ち…

情熱?それとも…。

バレンタイン。 彼女の家で、《passion》とプレートに書かれた手作りのチョコレートケーキを出されらどうする?受け止め方はあなた次第。 もしも彼女の事が大好きなら本当に嬉しい。その情熱を、喜んで受け止めましょう。 でもそうでなければ、ちょっと重荷…

ミニチュア雑煮とエビイモと

お正月三が日はとっくに過ぎてしまいましたが、敢えてお雑煮の話題です。 京都のお雑煮は独特で、丸餅、鶏肉、エビイモ、人参、かまぼこ、椎茸、ミツバ、などを、白味噌仕立ての出汁に入れます。甘口でとても美味しいのです。 それをミニチュアで作ってみま…

《遠足》《秋乃お姉さんの部屋》ふたたび

空気が冷たくなり、秋色が深まっています。 この季節に因んで、去年の記事からミニチュアの画像2種類を編集して、再アップしました。 今年は大変な事が多過ぎて、ゆっくり秋を楽しめない方(私もその一人です)に、深まり行く秋の雰囲気を感じて頂ければ嬉しい…

宿題は一緒に・ミニチュアのお家

昭和30年代の暮らしを、ミニチュアで再現しています。 解説を兼ねて、小学5年生のまこちゃんの目を通して見た、簡単なストーリーを作りました。 * * * * * 《 まこちゃんの日記 》 夏休みも終わりに近づいた日、山崎さんの家で、宿題をすることになりま…

ミニチュア・竹の椅子と本箱と扇風機

夏の居間に置く3点を制作しました。 扇風機は去年の展示会用に作った物です。これにとても手こずったので、もう二度と作りたくない、いや作れないだろうと思います。プロペラ物は、本当に難しい。 あっ、スイッチを忘れていた!後でくっつけます。 革の表紙…

夏の帽子2種類

夏休みになると、こんな帽子でお出かけ。 心弾ませてお友達の家へ。 本当は宿題をするのが目的だけど、久しぶりに集まってお喋りするのって、一番の楽しみじゃない? 手提げバッグに勉強道具を入れて…と。 * * * * * 早くしないと夏が終わりそうなので…

超ミニサイズのペンケース

ここ数日、セルロイドのペンケースを作っていた。サイズは、0.7×1.7㎝。 透明粘土《すけるくん》が手元に無くて、今回は100均で見つけた、この《おゆまる》を使用。 なぜペンケースなんか作るかと言うと、「去年作った「昭和の家・夏休み篇」にどうしても置…

雨のものがたり

これは、昭和30年代に暮らす小学5年生、まこちゃん一家のお話です。 * * * * * せっかくの日曜日なのに、朝から雨が降っています。 妹のひとみちゃんはお友達のお誕生日会に出かけ、お父さんはお部屋で仕事をしています。 お茶の間でぼんやりテレビを見…

母の日プレゼント2020

ちょっと前の話になるけれど、母の日に息子夫婦からプレゼントが届いた。 お嫁さんセレクトの、ミニスタジオとスパチュラ、それに風月堂のパピヨット。 天井にはLEDライト付き。スタジオが欲しいなと思っていた。心を読まれたかな? へー、こんなのがあるん…

《Lemon》にどっぷり浸かる

随分前に貰ったイギリス土産の陶器の家は、アニメ《魔女の宅急便》に出てくるパン屋さんに似ている。こんなに可愛い家なら、ずっと居ても楽しいと思う。 「家のどこかにネズミが2匹居るから、探してみて」と言われ、手に取ってまじまじと見るけれど、未だに…

私に出来ること

心が重くなりそうだったから 妹と開いた 小さなコンサート 私がオルガンで妹は木琴で 曲は覚えたての 『春の小川』 そうだ 窓を大きく開けて 春風さんをご招待しましょう 顔は見えないけれど 声は聞こえないけれど きっと喜んでいるよ だってほら カーテンを…

これでいい これがいい

明けまして おめでとうございます 下鴨神社の大絵馬年末年始は、息子と孫二人が遊びに来て、忙しく過ごした。 ミニチュアの喫茶店は、孫たちに見つからないようにビニールカバーを掛けて隠しておいた。 なのに、気がつけば妹3歳が手にショーケースを握ってい…

冬の家

木枯らしの野山を 子供らは駆け回る 水溜まりに氷が張り 雪が降り始めても それらは遊び道具にしかすぎない 大声を張り上げ 枯れ草を蹴散らし ただ早く遠くへ走ろうとする やがて遊び飽き 立ち止まって暗い空を見上げ 初めて風の冷たさを知る 頬を染めた彼ら…

禁断の赤と、カラス色の迷子

小学生以降、母に禁止されている色がありました。それは赤。 赤どころか、暖色系の服を着た記憶はあまりなくて、かろうじて着られたのは、叔母からプレゼントされたピンクのスカートと、祖母が「この子に似合うから、履かせてやりんさいな」と母に言ってくれ…

秋乃お姉さんの部屋

7月の作品展に出品したミニチュア、《昭和の四季》シリーズの一つです。これからの季節に丁度良さそうですので、御覧頂ければ嬉しいです。 解説を兼ねて、小学5年生のまこちゃんの目を通して見た、簡単なストーリーを作りました。 秋乃お姉さんの部屋 近所に…

運動会

秋になってから、台風が何度も日本に上陸して、運動会が延期になったり中止になったりした学校が多いようですね。 私は運動音痴で、運動会にはあまり良い思い出がありません。幼稚園から中3まで徒競走で上位に入った事は無く、障害物競争でマグレで2等賞にな…

ミニチュア・遠足の楽しみは…

おべんとうの時間 遠足の楽しみは、普段行けない場所にみんなで行ってワイワイ遊べること。 でも、一番の楽しみは、何と言ってもお弁当の時間です。 早起きしてお母さんが作ってくれたお弁当を、仲良しのお友達と一緒に食べる楽しさは格別です。 景色を眺め…

小さな靴

ピクニックには歩きやすい靴が必要です。こんな感じのね。 メジャーと一緒に撮るのを忘れましたが、サイズは縦2.5㎝横1.2㎝です。 横向き。靴底は樹脂粘土で作りましたが、粘土の性質上2割ほど縮みましたので、再び粘土をくっつけて大きめに修正しました。下…

ミニチュアのお弁当

樹脂粘土で作ったお弁当です。 こんなの持ってピクニックに行きたいな〜。 分かりにくいですが、下のお弁当には、栗ご飯が入っています。苦労してエビを作りましたが、小さすぎて何だかわからない。椎茸の下のあたりです。 先ずはお弁当箱から。 消しゴムで…

ピクニック用のミニチュア帽子

マカロン色の、コロンとした帽子を作りました。 この前作ったリュックサックと一緒に撮影。 布を下の形に切ります。円形は3つとも直径4㎝。ドーナツの内径は直径2.5㎝。長方形は1×10㎝。 大雑把ですが、後でカットして形を整えます。 左の円は縁に0.3㎝の切…

リュックサック

ほんの少し秋の気配を感じたら、創作意欲が湧いてきて、ミニチュアリュックサックを作りました。 普通は12分の1サイズで作るのですが、作ってみるとあまりに存在感がないため、6分の1に作り直しました。 今回は『裁ほう上手』という布用のボンドを使用してい…

叔父の手土産

今回の帰省は、定期的な母の病院付き添いに加え、休日に腰痛を訴え出した母を、郊外の大きな病院まで連れて行ったので、長い滞在になりました。 レントゲン撮影では異常がなく、もっと精密な検査で調べてみましょうと言われて、10日後にMRI検査を受けること…

お裁縫部屋

お裁縫専用の、こんな小さなコーナーがあれば嬉しいんだけどな〜、という気持ちで作りました。 タイトルは、《何を作るの?》 鳥取のある郵便局に作品展示スペースがあって、「今何も展示してなくて寂しいので、きさらぎさん、お願いしますよ」 …と頼まれて…

介護生活を乗り切るコツ

介護生活、辛いだけじゃない。その気になれば楽しい事だって見つかるんです。 実家の庭の草むしりをしていて、あっ、み〜っけ。庭木の上に雨蛙。 わかりますか?葉っぱと同じ色。 もうちょっと近寄ると… 夏の庭仕事は体力勝負ですが、こんな楽しみもあります…

半年間に起きたあれこれ

今週のお題「わたしの夏休み」 お正月の記事以来、ず~っとご無沙汰してしまいました。申し訳ありませんm(_ _)m。その間色々な事がありまして、今に至ってしまいました。それらを、多少言い訳混じりにご説明させていただきます。 あっ、私は元気ですので、ご…

入口に置くフラワーポット

100均で『フェイク グリーン マット』というものを見つけました。あら〜、これは買うべきでしょう。 で、入口に置く予定のフラワーポットに入れてみました。 なんかいい感じです。ポットは、下地にベニヤ板を使い、焦茶を塗って、その上からアクリル絵の具の…

これを作りたい!

なんて昭和レトロなのでしょう。 このガラスブロックの仕切り。 朝ドラ『半分、青い』でこれを見たとき、私の目は釘付けになりました。 これ、作りたい! 衝動的にそう思ってはみたものの、いやちょっと待って。何をどうすればこんなブロックが出来るのよ。 …

喫茶店の日除けシェード

忙しくて手がつけられないままだった昭和の喫茶店。帰省の少し前に、窓と入り口に日除けを付けよう、と思い立ちました。ショーケースとボードを置いたら、こんな感じになりました。もうちょっと何か置きたいけれど、それはおいおい考えます。あっ、看板もま…

グラスケースの制作。そしてカウンター周辺の完成。

カウンター周辺に最後に置きたかったグラスケース。透明で分かりにくいけれど、ワゴンの上あたり、枠の上にあります。その横の壁にはカップボードをくっつけました。近寄ると、こう。ケースはこんな感じ。蓋を付ける前のものです。作り置いたコップが悉く変…