タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

厳粛と滑稽と大豆田とわ子と

面白いドラマが始まったなぁと、火曜の夜が楽しみになった。

『大豆田とわ子と三人の元夫』

3回結婚して3回離婚した。でも私は幸せを諦めない

3回も結婚と離婚を繰り返した経歴を持つ、とわ子(松たか子)さんは、さぞや奔放な女性なのだろうと想像したが、そうではないらしい。

こんな庶民的な食べ物は失礼だろうという、社員の勝手な思い込みの為に、「そのカレーパン私に頂戴」と言えず、余ったパンを貰う事も出来ないような、生真面目で純情な社長なのだ。

口内炎とか、外れた網戸とか、お風呂の故障とか、日常の諸々の小さな不具合に振り回されながら、とわ子さんは、大切な人の死や会社の重責といった現実をけなげに受け止めている。

これ以上話すと叱られそうなのでやめておくが、ギュッと色んな要素が盛り込まれて、目が離せなかった。そして生真面目な性格が引き起こす滑稽な場面に、大いに笑った。

重い出来事の周りには、時に滑稽で笑いを誘うような、些細な日常が存在する。

このドラマは、それが程よいスパイスの如く話の流れに効果を与えている。

その上、映画のように美しく繊細な映像にうっとりさせられた。

個人的には百点満点以上の評価。

 

見終わってから「初回からこんなに面白くて、これを最後まで保たせるのって大変じゃない?だんだん話がしぼんでいくのは嫌だな」と思った。

しかし、脚本が坂元裕二氏と知って、それは杞憂にすぎなかったと胸を撫で下ろす。彼の手になる『カルテット』は何度も観て、その度に新たな発見があり、感動を覚えたドラマだ。

そうか、そう言えば最初の夫役の松田龍平は、『カルテット』でも松たか子の共演者だったと思い当たる。淡々とした演技が素敵だった。

さて今夜はその第2話。

いよいよ別れた理由が語られるらしい。

興味津々で待ちかねている。

 

自慢じゃないが、厳粛な場面での失敗が私には数え切れないほどある。

未だに忘れられないのは、父の法事での出来事。集まっていた人に一礼すべきところを、数珠を持った方の手でつい拝んでしまった。

完全な形になる前に止めたので誰も気付いていないと思ったが、しっかり者の妹と我が息子にジロリと睨まれ、後で「間違えてたよね!」と二人に言われた。

ああ恥ずかしい。

ブリのオセロ焼き

帰宅した夫に、「今日のおかずは、はブリのオセロ焼きだよ」と言うと、少し首を傾げてから、「ああ、そう」とニッコリした。

きっと新しい魚料理をを開発したと思ったのだろうが、期待されちゃあ困る。

だって、こちらは普通だけど…、

          f:id:kisaragikyo:20210417161411j:image

反対側が焦げている。

だから、オセロ焼き。エヘヘ。見苦しくてごめんなさい。

          f:id:kisaragikyo:20210417161435j:image

ちょっと目を離した間に、ブリは見事に焦げていた。

裏返して黒い方を見せると、夫は「ありゃりゃ。ま、味は変わらんからいいや」と、美味しそうに食べてくれた。

勿論、焦げてない方を表にして。

       
母が魚を焦がしたり生焼けだったりしたら、父は物凄く怒った。

それまでどんなに機嫌が良くても、大魔神のごとく、一瞬にして表情を変えた。

あまりに怒鳴り散らすので、周りの者はすっかり食欲を失くし、早々に食べ終えると、そそくさと引き上げた。

だから魚や肉料理の時は、子供だった私は出来上がった料理を注意して点検した。

あんな短気な人と結婚しなくてよかった、とつくづく思う

私は父とは違う性格になるように自分を訓練した。訓練はオーバーかな。でも、なるべく大らかに考えられるように、方向を変えて行った。

 

その意味では父は優秀な反面教師になってくれた。

父が亡くなってから年月が経てば経つほど、思い出の中の父は優しくなっていく。

眼差しも声も穏やかでやわらかく、懐かしさが募る。

 

         f:id:kisaragikyo:20210418174618j:plain

遊びの半ひねり

夜中にポタンポタンと水滴が落ちる音が気になりだして、台所の水道パッキンを取り換えた。

蛇口は相当な年代物で、コックやパッキンを年に一度は交換している。もう交換はお手のもの。ちょうどいいひねり加減。

交換する時に気を付けたいのは、ハンドル内のビスやカバーナットを、締めすぎない事。力を入れずに開閉するには、適当な緩さも必要だ。


f:id:kisaragikyo:20210413131342j:image

動かなくなるまでギュッと締めなくても、四分の一回転位手前で水が出ない状態がベストだと思う。この、ほんの少しの余裕を「遊び」と呼んでいる。

名付けて「遊びの半ひねり」。

これが出来たら「フフフ。プロ級だね」と秘かにほくそ笑む私である。


f:id:kisaragikyo:20210413164926j:image

パッキン交換しながら、この「遊びの半ひねり」、人にも通じているような気がする。

遊びの無い人と付き合うのは難しい。冗談をまともに受けて、すぐにキレたりされると、「もうダメ。この人とは付き合えない」と感じる。そして距離を置いてしまう。

ふわりと受け止めて、変化球を返して貰えると嬉しい。話が広がって、もっとお喋りをしたい気分になる。

 

昔、小学生の息子に「お母さん、会話はキャッチボールだよ。何か言われて『そうですね』で終わったらダメなんだよ。もっと会話の練習をしなさい」と言われた事がある。

岡崎公園の美術館に行った帰りに寄った、うどん屋さんでのエピソード。

「相席いいですか?」と言われて快く応じたけれど、その方に話しかけられたのに共通点が見つからず、会話が弾まなかった。「いいお天気ですね」「そうですね」でぷつりと会話が途切れる。

ちょっと気まずい空気が流れて、黙々と食べる事に集中した。知らない人と気軽に話せる鷹揚さが、その頃の私には欠けていた。

うどんに、かやくご飯と香の物がついた定食はとてもおいしかったけれど、自分の余裕の無さがチクリと刺さった。

店を出たら、疎水べりを歩きながらさっきの言葉を息子に言われた。なるほどと感心した。彼はクールに人見知りな母の様子を観察していたらしい。

それからはなるべく会話が続くように相手の話を真剣に聞いて、こちらも少しばかり変化球を投げて返す。そうしているうちに、苦痛だった知らない人とのお喋りを楽しいと感じるようになった。

こんな感じの逆転親子関係は、今でも変わらない。息子には教わることばかりなのである。

 

最近間仕切りのローススクリーンを買い替えた。以前のものはボロボロでとても汚れていた。部屋がスッキリして、明るくなった。それだけではなく、気持ちも明るくなった。


f:id:kisaragikyo:20210413164538j:image

ネットショップの対応も、丁寧で安心出来た。

これも「もうそろそろ取り換えた方がいいよ」という息子の一言のお陰なのだった。

 

京都のメロンパン

皆様はメロンパンと聞いて、どんなものを想像されるだろうか。きっと、外側がこんがり焼けたサクサクのクッキー生地にマス目状の切れ目が入った、あのパンだと思う。

しかし、何故か京都のメロンパンはこんな形をしている。これは、京都市内にある山一パン製。いつからか『京風』と銘打っているが、以前はこれが『京風』抜きの普通のメロンパンだった。

    f:id:kisaragikyo:20210408113103j:image

初めはえっ?違うでしょう。

メロンパンってこうじゃないよね。と違和感があったけれど、次第になじんだ。

その頃、京都では下のような正統派メロンパンを『サンライズ』と呼んでいた。

かじりメロンパン 食品サンプル パーツ 日本製

一時期、全国的にメロンパン屋さんが急増した事がある。近所に甘い香りが漂い、焼きたてのメロンパンを求めて、専門店の前には行列が出来た。

その影響か『サンライズ』という呼び方は隅に追いやられ、この頃からメロンパンと言う名が京都にも漸く定着した。

私も何度か買い、熱々のメロンパンを頬張ったものである。メロンパンに特化した専門店って凄いなぁと思いながら、いつまで続けられるのかしら、と余計な心配をしていた。

 

その心配通り、ブームはあっと言う間に去り、町は静かになった。しかしその後、メロンパンは、京都でもサンライズではなくメロンパンという名で(ややこしい!)パン屋さんに並び、カレーパン同様に不動の地位を占めているような気がする。(あくまで想像をまじえた個人的な感想です)

美味しいものは不滅なのである。

私もメロンパンを作った事があるが、パン生地とクッキー生地の膨張率がバラバラで、見るも無惨な失敗作だった(涙)。プロに頼るのが一番だと悟り、それ以来作る気がしない。

 

さて、先程の京風メロンパン。


    f:id:kisaragikyo:20210408113119j:image

 

パン生地の中身は白あんで、この辺が京風かなと思う。


    f:id:kisaragikyo:20210408113129j:image

表面のクッキー生地は薄く、甘さは控えめだが、結構ボリュームがある。

この白いお皿は、以前ヤマザキ春のパンまつりで貰ったもの。密かに、ライバル同士のコラボなのである。

食べながらそんな事を考えていた。

鳥取としばしのお別れ

4か月ぶりに、やっと母との面会が叶った。車椅子生活で、認知症が進行しているけれど、体調は悪くない。この冬はいつもの喘息が出なかったからか、少し頬がふっくらとしていた。

私が娘だという事は認識出来るが、名前は出てこない。

「○○だよ」と言うと「ああ、○○ちゃんだね」と私の顔をじっと見た。

家に居た頃のような皮膚炎も消えて、肌が綺麗になっている。

「お母さん、色白の美人になったね」と言うと、「ホホホ」と笑う。スマホの画像を見せながら、あっという間に制限時間が過ぎた。

今回は、電話でしか話した事がない担当の男性介護士さんに会えて、お礼を言う事が出来た。想像していたより若くてキビキビした方だった。

玄関外の駐車場で待っていた夫を見て「あら、○○さん。御迷惑をおかけしますねぇ」と言う。

エ~ッ⁉、なんで私の名前を忘れてるのに、夫の名前は憶えているの?変なの~。

まあ、いいけどね。

 

京都に帰る日に、綺麗に開いたお仏壇のお花を捨ててしまうのがしのびなくて、お墓の花生けにある花と一緒にお供えする。

初日には2分咲きだった桜が満開。

きっと、ご先祖様が見せてくれたんだね。


f:id:kisaragikyo:20210330134859j:image

 

お昼はどこで食べようかという話になり、リニューアルした大丸の5階に行ってみた。

内部がすっかり変わっていて戸惑った。

大きな麒麟獅子を見つけて写真を撮ると「よっぽど好きなんやなぁ」と夫。

鳥取では、お祭りの時には各神社で必ずこの獅子が舞う。

いつも張り付くように撮影する私を、夫は半ば呆れている。

だって好きなんだから、仕方ないじゃん。体が勝手に動くんだよ。

f:id:kisaragikyo:20210330134620j:image

以前の食堂的なレストランは無くなっていた。そこのメニューが全部好きだったんだけどな。○○御前とか、オムライスとか、カレーとか、大丸に行く度に食べていた。

今回は若者向けの丼屋さんにした。

頼んだのは、ローストビーフ丼セット。ローストビーフの下は五穀米

大変美味しかった。ごちそうさまでした。

    f:id:kisaragikyo:20210330134531j:image

プラス200円で、食後のコーヒーを頼んだ。

    f:id:kisaragikyo:20210330134553j:image

居心地はいいけれど、長居もしていられないので、駅ナカにある「おみやげ楽市」でお土産を買って出発。

 

お土産その1

すいかのたまり醤油漬け。小さな西瓜ががどっぷり漬かって、とっても美味しい。

    f:id:kisaragikyo:20210330134422j:image

ご飯のお供に、薄く切って食べる。


    f:id:kisaragikyo:20210330134437j:image

 

お土産その2

板わかめ。子供の頃から馴染んだ、わかめを乾燥させただけの素朴なソウルフード

無添加なので、安心して食べられる。微かな塩味も良い。

f:id:kisaragikyo:20210330134341j:image

 

そのままパリパリ食べてもよし、香ばしく焙ってもよし。

 私は乾燥しているうちに細かく揉んで、ご飯に混ぜておにぎりにするのが好き。

(食べるのに夢中で、おにぎりの画像撮るのを忘れた!)

帰省。いきなり先制パンチ

    3月21日~26日まで鳥取に帰省していた期間の、振り返り記事です。

 

4か月ぶりの帰省。高速道路は雨模様だった。

フロントガラスの雨粒越しに、万博記念公園の大観覧車が見える。モノレールがゆるゆると停車して、晴れていたらよい写真が撮れるのにな。腕が悪いから無理か。なんてひとりごちた。

「帰ったら海に行きたいね」

カニ食べたい」

「もうシーズン終わってるよ」

夫と二人そんな呑気な会話を交わしながら、3時間余りの道中だった。

 

      f:id:kisaragikyo:20210322203755j:image

 

鳥取市内に入ってからお墓参りの後で食事を済ませ、午後1時半に実家に到着した。

家の中は、異常無し…。しん、と静まった家は、どこかよそよそしい。長い間帰らなかった私を咎めているような気がした。

 

荷物を置いて、洗面所で手を洗って…。

アレレ?水が出ないよ。

どこの蛇口をひねっても水は出ない。

誰かが水栓バルブを閉めたらしい。外に出て、メーターボックスの重い鉄の蓋を上げてバルブを開くと、漸く水が出た。

よかった。

と思う間もなく、「お〜い、大変だ〜。水が噴き出してるぞ〜」と夫の声。

飛び出すと、地面から出ている給水パイプからすごい勢いで水が出ていた。

慌てふためいて再びバルブを閉め、しばらく考える。

誰かがバルブを閉めてくれた、という事は、何か通知が入っているかも知れない。

そして溜まった郵便物の中から、水道局からのこんな知らせを見つけた。

 

    f:id:kisaragikyo:20210322203901j:plain

 

この日付は1月9日だから、これより前にパイプは破裂していたのだ。

水道代もさぞ高くなっているだろうとゾッとしたが、こんな通知を発見してホッとした。

 

    f:id:kisaragikyo:20210322203925j:plain

 

劣化した給水パイプがこの冬の寒さで凍結破損したのが、漏水の原因だった。

この冬は鳥取市で水道管が凍結破損した家が多く、普通は水道局に申請しなければならないところを、その手間を省いて向こうから水道代の割引をしてくれたらしい。温情ある対処に感謝。

 

すぐに出入りの工務店に電話して、そちらから業者さんを手配して貰った。

しかしその日は日曜日で休業日だった為、工事は翌日に持ち越しになった。

業者さんが翌朝破損個所の状態を見て、午後からパイプを交換して貰い、無事解決となった。


    f:id:kisaragikyo:20210322203820j:image

 

パッキンを外してみると、パイプは劣化してボロボロになっていた。上からぶら下がっている黒いパイプは、屋根に取付けたお風呂用サンヒーター(太陽光温水器)に給水する為のものだが、今は全く使わず、水を抜いてバルブを閉めている。この繋ぎ目が外れて水が噴き出していた。その下にある白っぽいプラスチックのバルブも劣化して用をなしていない。


    f:id:kisaragikyo:20210322203835j:image

 

下が交換したパイプ。今度は壁に固定してある。上のパイプも怪しいけれど、今回は見送り。かかった経費は合計21,450円。痛い出費だが、想像したよりは安く済んだ。

古い家なので、まだまだこれから色々と不具合が出て来るのだろう。

水道局からの通知を業者さんに見て貰うと「長年この仕事をしていますが、こんなのは初めて見ましたよ」という事だったから、この冬は例年に無い寒さだったのだろう。

 

 

さて、水道が使えない空白の1日を、私達はどう過ごしたのか。 

まず、ホームセンターで大き目のボリバケツを買って、漏水覚悟で一時的に水栓を開き、飲用水を溜めた。その日は外食。温水器が使えないので、ポットで沸かしたお湯で洗顔

そして湯船に水を溜めて、トイレ用にした。洗面器で6杯程でトイレタンクは満タンになったが、運ぶのは重労働だった。

お風呂は1日我慢した。これ位は仕方がない。

 ア~、エライ目にあった。

 

水が使えない不便さがこれ程大変なものだとは…。普段は当たり前のように思っている水の有り難さが、身に沁みた1日だった。

「震災の時は、こんなもんじゃなかっただろう。大変だったろうな」

夫がポツリと呟いた。

私も同じ事を考えていた。

小さくてゴージャスな、デコレーションケーキ

最大で直径8mm位の薔薇を、沢山作りました。入れている容器は、ペットボトルのキャップです。

f:id:kisaragikyo:20210320102037j:image

これから、全体のバランスを見ながら台座にくっつけて、デコレーションケーキの出来上がり。

甘〜い感じに撮ってみました。

まだニス塗りしていないのですが、ちょっとまぶしい…。


   f:id:kisaragikyo:20210320102204j:image

直径2.3cm。百円玉位です。

     f:id:kisaragikyo:20210320102729j:image

折角なので、2月にバレンタインデー用に作ったケーキと一緒に並べてみました。

   ゴージャス!

 

    f:id:kisaragikyo:20210320113844j:plain    

甘い香りが届きましたでしょうか?

こんなケーキは絶対無いでしょう、あくまで想像の産物だよねと思いながら作ったのですが、ネットで探すと結構あったので驚きました。

フラワーケーキ 軽いバタークリームで作る

フラワーケーキ 軽いバタークリームで作る

  • 作者:長嶋 清美
  • 発売日: 2016/11/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)      
 

 

フラワーケーキ&デコレーションBOOK

フラワーケーキ&デコレーションBOOK

  • 作者:長嶋 清美
  • 発売日: 2020/12/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

バタークリームのお花で飾られています。

こうなれば、もうアート。食べるのが勿体無い気がします。

 

私も技を磨いて、これからも小さなケーキをセッセと作っていきます。

 

来週からしばらく鳥取の実家に帰ってきます。

コロナの影響もあり、もう4か月も帰っていないので、どうなっているのか心配です。

施設の母との面会が叶うかも、まだ分かりません。

でも、庭の手入れ等、肉体労働頑張ります!

忙しくて皆様の所へ訪問出来ない場合はお許し下さい。