タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

君が捨てたもの

僕が楽しげに悠々と

空を散歩しているって?

冗談じゃないよ

ここは思っている程楽じゃない


f:id:kisaragikyo:20200211153304j:image

 

息は苦しくなるし

目にはブンブン虫が飛び込んでくる

だけどずっと飛んでいるのは

ここでしか見えないものがあるからなんだ


f:id:kisaragikyo:20200211153350j:image

 

たとえば君がさっき捨てたもの

本当に大切なものは

胡桃みたいに

硬い殻に守られているので

ほら

ポケットからコロンと転がり落ちてしまう

 

君はチラリとそれを見たきり

そのまま歩いて行ったよね

 

でも、君はやがて悔いるだろう

あれは宝物だったんだ

何故拾わなかったんだと



f:id:kisaragikyo:20200211153741j:image

 

輝く星のカケラだって

地面に落ちればただのくすんだ岩石

それを探し出せるのは

澄んだ瞳と澄んだ心…


f:id:kisaragikyo:20200211153615j:image

 

もしもこの声が君の心に届いたら

さあ早く拾いに行きなさい

この子が手を離して

僕が遠くに行ってしまわないうちにね

 

 

               *     *     *     *     *

 

東京から凧揚げの画像が沢山届いたので、こんな詩を作りました。

走っているのは小1の孫。高く上げたくて、頑張って走ってる。後ろ姿だけ出演して貰いました。

場所は、お台場のグランドです。

もしも凧に心があったら、どんな風に地上を見て何を考えるのかな。

たとえ重く感じても、捨ててはいけない物だってある。私と母の関係みたいにね。

そんな気持ちも込めています。

 

明日からまた介護帰省。今から気合い入れてます(笑)。