タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

これを作りたい!

なんて昭和レトロなのでしょう。

このガラスブロックの仕切り。
朝ドラ『半分、青い』でこれを見たとき、私の目は釘付けになりました。

f:id:kisaragikyo:20180825163504j:image
 
これ、作りたい!
衝動的にそう思ってはみたものの、いやちょっと待って。何をどうすればこんなブロックが出来るのよ。
 
暫くは頭の中で、ああでもないこうでもないとシュミレーションを重ねて、諦めかけた頃、とうとう見つけたのです。
ガラスタイルというものを。
 
それは、100円ショップの片隅でキラキラ光っていました。

f:id:kisaragikyo:20180825164155j:image
 
キャンディーのように透明な、一辺が1.3センチの四角いタイル。
ホッ…本当に100円でいいんですか、こんなに素敵な物が。この美しさに気付いた誰かに買い占められないうちに、そこにあった6個を素早く籠に入れて早足でレジへ。
 
家に帰ってから手に取り、しみじみと眺めました。私が作りたいのは無色透明なもの。色を取る方法はないかな。
横から見ると、色は全体に混ざっているのではなく、裏から貼り付けるように着色してあります。

f:id:kisaragikyo:20180825170845j:image
 
着色面はシールではなく、焼き付けてあるように硬くて剥がせません。
水に浸けてもダメ。

f:id:kisaragikyo:20180825170920j:image
 
仕方がない。1枚ずつガリガリ削りますか。
ところが、これがなかなか手強くて、サンドペーパーや彫刻刀では全く歯が立ちません。
 
ここで登場したのが、ルーターという工作器具です。穴を空けたり出っ張りを削ったりするのに使う、小型のドリル。

アルゴファイル マイクロモーターシステム スターライトセット ホワイト SBH35nST-S

これでタイルの裏をガリガリ削り、こんな感じになりました。一個削るのに5分かかります。
f:id:kisaragikyo:20181007104943j:image

中にプラ板を挟んで、表裏に接着剤で貼り付けて、こんな感じの衝立が出来ました。
f:id:kisaragikyo:20181007105405j:image

セッティングしたら、こうなります。
f:id:kisaragikyo:20181007105125j:image

ついでに、こんな間仕切りも。
ドア側から見るとこんな感じ。
f:id:kisaragikyo:20181007110344j:image
反対からだと、こうなります。
f:id:kisaragikyo:20181007110407j:image
そこはかとなく、工事中の雰囲気が出ていますね。

こんな風に、徐々に喫茶店が出来つつあります。

『あれを置きたい』と思うと作り始めてしまうので、なかなか完成にまで到りませんが、気長に楽しみながら、そして悩みながら目的地に向かうつもりです。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

夏休み、長すぎましたね😅。