タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

満開の桜はまだですが

たまには歩こうよと、うららかな日曜日夫を誘いました。
私が介護で実家に帰っている間一人で家事を頑張った反動か、家に居る時は殆ど座椅子から立とうとしない夫がちょっと心配。

桜にはまだ早いけれど、春の景色を愛でながらのんびり散歩しました。

目的地は下鴨神社
もう何十回も来ているけれど、四季折々の素晴らしさがあっていつでも楽しめます。
f:id:kisaragikyo:20180326141733j:image

境内のしだれ桜は七分咲き。
f:id:kisaragikyo:20180326142108j:image

縁結びの御利益がある相生社には、いつも熱心に祈る女性が…。
良いご縁に恵まれますように。
あれっ?
右の夫婦の神様に、初めて気付きました。
今まで気付かなかったとは、何と迂闊な。
f:id:kisaragikyo:20180326144317j:image

高野川の桜は、まだ蕾のまま。来週の日曜日には満開でしょう。
f:id:kisaragikyo:20180326142624j:image

春の陽光に、鴨さんはのんびり首を伸ばして。
f:id:kisaragikyo:20180326141600j:image

50センチはありそうな大きな鯉が、ゆったりと泳いでいました。
f:id:kisaragikyo:20180326141645j:image

夫が、御祭神カモノタケツヌミノミコトの化身、ヤタガラスの土鈴を買いました。
f:id:kisaragikyo:20180326153025j:image
羽にフタバアオイが描かれています。
f:id:kisaragikyo:20180326142248j:image

そして、私は鳥居の前で売られていた、このお酒。『ぼんき』と読むそうです。
f:id:kisaragikyo:20180326142346j:image

京娘が造ったんだ!
f:id:kisaragikyo:20180326142431j:image

「何に乾杯する?」
「う〜ん、特別な事は無いけど、ただ生きている事に」
「そだね〜。生きている事にカンパーイ!」
f:id:kisaragikyo:20180326142525j:image
フルーティーで爽やかな後味でした。