タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

時には投げ出したくなるサ

三食作って掃除して、ワケのわからない事を言う母に振り回されて、実りの無い日々に少し欝。
叔父と叔母(母の弟妹)は「あんなわがままな人の面倒をよく見ているね〜」と、半ば呆れ、半ば同情を込めて言います。
二人とも母の横暴な言動で迷惑を被った人たち。
私も子供時代にさんざんな目に遇わされ、その頃の人間不信は今も心に影を落としています。

でもね、だからと言ってほったらかしにも出来ないしね〜。

ご飯を作りながらふと窓の外を見ると、電線に小鳥が…。


f:id:kisaragikyo:20171211071017j:image

雀より少し大きめ。
百舌鳥のメスみたいなのですが…。
拡大するとこんな感じです。
f:id:kisaragikyo:20171211071035j:image
地味すぎて分かりにくい!
でもやっぱり百舌鳥的な感じ。

細目のグラサンかけて、お洒落な羽の色のオスだと、すぐに分かるんですけどね。

夕方前述の叔父が陣中見舞に来てくれて、少し話をしました。5年間母親の介護をした経験があるので、私の苦労を分かってくれます。
「つい苛ついて母親を怒鳴った事は、今でも後悔している」と言っていました。
母親、つまり私の祖母は、とても優しい人で、いつもニコニコしていました。慈悲深く人と接し、怒った顔を思い出せません。
それだけに、そんな母親を怒鳴ってしまった叔父の後悔の念はひとしおなのでしょう。

私はどうかな?
今は結構喧嘩しているけど、いつか後悔する事があるのでしょうか。

叔父にレギュラーコーヒーとレンジで温める炊き込みご飯を頂きました。
有り難いです。

f:id:kisaragikyo:20171211122510j:image

後で電話があり「ご飯の作り方言うの忘れてた。少し口を開けて、レンジで1分だけぇな」
は〜い、早速頂きます。