読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

鳥取レポート・その2

日記
歯医者さんに行く朝は、いつもバタバタ。
保険証に診察券、ハンカチ、バスの回数券、その他もろもろ…。
昨晩、持って行く物のリストを書いて渡したのに、母のリュックは空っぽ。
どうやら、準備する前に寝てしまったらしいのです。
「んも〜う!どうして昨日準備しなかったのかな〜。時間はたっぷりあったのに〜」
ついついきつい口調になってしまい、自分で自分がいやになります。
「えっ?なに?聞こえないね〜」
母はぼんやりした顔でそんな事を言い、都合が悪くなるととぼけるんだからと、ますます腹立たしくなりました。
新しい補聴器を作ったばかりで、聞こえない筈はないのです。

モタモタしているうちにバスは行ってしまい、タクシーを呼びました。
おまけに雪が降り始め、あ〜あ、傘も持って行かないと。

歯医者さんの定期検診は異常無しで、ホッとしました。

ついでに、いつもの補聴器屋さんで補聴器の点検。
「作ったばかりなのに、聞こえないって言うんですけど…」
お店の人はぱっと見るなり「左右反対につけておられますね」
耳の穴の型を取って作るので、反対に嵌めると隙間ができて聞こえないとの事でした。
何だ。
今朝私が怒ったのも、本当に聞こえてなかったんだね。

しっかり補聴器を嵌め直した母は、「あら〜。よう聞こえるわ〜」と、今日初めての笑顔を見せました。

私は、母の不安に気付いてあげられなくて、反省。

その後で仲良く親子丼を食べて帰路につきました。

f:id:kisaragikyo:20170225163154j:image
お日様が雲間から顔を出す帰り道、よそのお庭でロウバイが甘い香りを放っていました。

帰りに寄った大丸の物産展で、母が選んだ絵です。竹の皮の繊維をすいて作った紙に描かれているそうです。
私への教訓でしょうか…。
f:id:kisaragikyo:20170225164242j:image