読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

ミニチュアレンガ壁の作り方

レンガ壁がやっと完成しました。
f:id:kisaragikyo:20161205164910j:image
f:id:kisaragikyo:20161205165003j:image

《材料》
樹脂系ボード・コルク板・木粉粘土
※木紛粘土は、45×30cmのボード1枚につき、2個使いました。

樹脂系ボードを使った理由は、窓やドアの穴をカッターでくり抜きやすいからです。
ホームセンターで購入。
コルク板と木粉粘土は百均で購入しました。
f:id:kisaragikyo:20161205170741j:image

《作り方》
ボードを使用する大きさに切り、コルク板を両面に貼り付けます。
f:id:kisaragikyo:20161205170800j:image

木粉粘土に水を加えて柔らかくし、上に薄く塗り広げます。
濃い目の色にしたい場合は、ここでアクリル絵具のオレンジ・赤・黒などを混ぜます。
f:id:kisaragikyo:20161205170902j:image

乾かないうちに定規や不要なプラスチックカード等を使い、横に1㎝間隔の溝を作ります。
縦は2㎝間隔に互い違いです。横線をつぶさないように注意!
f:id:kisaragikyo:20161205170941j:image

乾いたら、溝に白色を入れます。
色々試してみて、滲まず溝に入りやすい、尖った色鉛筆を使いました。
f:id:kisaragikyo:20161205171041j:image

二枚出来上がり。
f:id:kisaragikyo:20161205171110j:image

スポンジを使いやすい大きさにカットしたもので、アクリル絵具をポンポンと叩くようにのせます。
f:id:kisaragikyo:20161206104253j:image
使ったのは白、黒、オレンジ、赤です。
これらを混ぜて数種類の色を作り、地の色を残しながら濃淡をつけて所々に塗ります。
反りが出たら、本などで重石をして数日おきます。

乾いてから、窓やドアの穴を空ける作業に取りかかります。

壁を壊さないように注意しながら、カッターとノコギリで穴を空けます。
半日かけて、やっとこれだけ。
f:id:kisaragikyo:20161210104126j:image
この穴を、窓やドアに合わせて、さらに削ったり磨いたりします。
続きは、またいずれ近いうちに。