タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

レンガを見に行く

夏に作り始めたミニチュアのレンガの壁が、最後の仕上げを残したまま置きっぱなしになっています。
後は部分的に色を塗って、単純な壁面に変化を付けるだけ。
そんなに難しい作業ではない筈なのに、思い通りに出来るかどうか自信が持てず、手が出せなかったのです。
下手をすると、それまでの努力が水の泡、なんて事になりかねない。
悩んだまま数ヵ月が経過しました。

ウジウジしてても前に進めないから、本物を見てきましょっ!
と、夫を誘って足を運んだのは、大好きな恵文社
淡い色のレンガは、落ち着いた雰囲気です。
f:id:kisaragikyo:20161203171702j:image
右下のボードは、どこかの扉のリサイクルのようです。ワイヤーベンチもさりげなくかわいい。
f:id:kisaragikyo:20161203171611j:image
敷石に置かれた自転車が、雰囲気にとけ込んでお洒落に見えます。
f:id:kisaragikyo:20161203171731j:image
レンガ撮影の目的を遂げて、店内へ。
中は撮影禁止なので、画像でご紹介出来ないのが残念です。

1か月前に来たときとは、レイアウトも置かれている本も違い、訪れる度に新鮮な感じがします。
それだけに「これ、いいな」と思ったらすぐに買わなければ、次に来たときには無いかも知れません。
隣のギャラリーではジャンルを問わず個展があり、アンティークあり、豆本あり、文房具あり、化石ありの小さな博物館の様相。
そして、殆どの物は買う事が出来ます。

おなかが空いたので食べ物やさんへ。
今日の気分は和食です。
日替り定食はボリュームたっぷりで900円。どれも、とても美味しくて感動!
向こうの右にあるのは白身魚と里芋の煮物。味がよくしみこんで、絶品でした。
予備知識なしに立ち寄ったお店で美味しいものが出されると、倍嬉しい。
f:id:kisaragikyo:20161204092416j:image

ちょっとお茶しましょ。
「むしやしない」と読みます。
ご夫婦でパティシエをしているケーキ屋さん。おからや豆乳を使った、体に優しいケーキがメインです。
f:id:kisaragikyo:20161204093805j:image
イートインコーナーで、チーズケーキとコーヒーを頂きました。
抹茶のフィナンシェはサービスです。
f:id:kisaragikyo:20161204094703j:image

かわいいカフェ…と近寄ると、美容院でした。
f:id:kisaragikyo:20161204095708j:image

今回ご紹介したお店は全て、曼殊院通りの商店街にあります。
15分もあれば通り抜けられるこの通りは、少し前まではシャッターを下ろしたままの店舗も多かったのですが、今は恵文社を中心にどんどん若返って素敵な街に変身しつつあります。
古い店舗や民家を、リフォームやリノベーションで甦らせている例も見かけられます。
客を惹き付ける魅力のあるお店が一軒あれば、回りは発展し、更に人が集まるのですね。
庶民的で扱う物が安価なお店が多いのも、若者が入りやすい要素なのでしょう。
まだまだ発展しそうで、とても楽しみです。

体も心もほっこり。
笑顔で帰途につきました。
あれっ?最初の目的はなんだっけ?