読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

小さなメニューボード

f:id:kisaragikyo:20161123105015j:image
喫茶店のメニューボードを作りました。
左は、以前制作したショーケースです。
並べると、それなりに雰囲気が…。

では、メニューボードの作り方についてご説明します。
材料は3㎜程度の細い棒、竹串、薄い板です。
イーゼル部は、左から、棒の長さ8.5㎝2本、6㎝、4㎝、2㎝各1本。
ボード部は4×3.2㎝の板1枚、竹串3.2㎝4本。
わざわざ買わなくても、身近にある割り箸や竹串で十分です。ボードは厚紙で代用できます。
竹串は、板に接着しやすいように底面をサンドペーパーで平らにしてあります。このひと手間で、仕上がりが断然違います。
f:id:kisaragikyo:20161123165148j:image

これらをボンドで貼って組み合わせます。左の6㎝の棒は、がっちり鳥井型に接着できてから、後ろの支柱にします。
f:id:kisaragikyo:20161123165211j:image

こんな具合です。支柱の上を削って横棒の形にくぼませておくと、外れにくくなります。
f:id:kisaragikyo:20161123165242j:image
アクリル絵具の茶色を塗り、乾いたらニスを塗ります。

ボードやイーゼルのはみ出た所は、サンドペーパーで平らにし、アクリル絵具の黒と赤を塗ります。
乾いたらニスを塗り、文字を書き込んで出来上がりです。
ボードはイーゼルにボンドで接着します。
縦向き横向き、2つ出来ました!
f:id:kisaragikyo:20161123153847j:image
以前作ったアイビーで、アクセントをつけました。
カラーはお好みで。小さなドライフラワーを飾っても可愛いですよ。
最後に文字を書き込んで出来上がり!

《ご心配頂いた皆様へ》
メニエール病は少しずつですが、回復しています。
目の焦点が漸く合い始めて、楽になってきました。それまでは、ずっとピンボケ写真を見るようで、老眼?と思っていましたが、めまいの症状だったようです。
耳鳴りと難聴はまだ残っています。
でも、次第に改善されている感じがありますので、更に治療を続けて完治を目指していきます。
休養中ずっと「早く何かを作りたいな〜」と思い続けていましたが、やっと実現しました。これからは、あまり体力に負担がかからない範囲で、制作を続けていく予定です。

☆や暖かいコメントで励まして下さり、ありがとうございました。