タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

おすすめの京土産

注文していた『夏柑糖』が届きました。
京都、老松さんの人気商品。夏期限定の爽やかなスイーツです。
ほどよい甘さに夏蜜柑の香りと酸味が何とも上品で、トゥルルンと口の中で溶けていきます。
こんな風に、夏蜜柑丸ごとくりぬいて、中に寒天液を流し込んで固めてあります。
f:id:kisaragikyo:20160531125326j:image
鮮やかなビタミンカラー、見るからに元気が出そうです。
思いきって半分食べちゃう?
f:id:kisaragikyo:20160531123051j:image
いやいや、勿体無いから、4分の1ずつ。
f:id:kisaragikyo:20160531123708j:image
母はこれを食べる時にはいつも「懐かしい味だね〜」と言います。
まだ子供だった頃、祖母が作ってくれた味に似ているそうです。

一個1500円と少し贅沢なのですが、夏が近付くと食べたくなります。
今回はちょっとしたお祝いのつもりです。

母の付き添いで去年の10月から始まった歯医者さん通いも、漸く終わりそうなのです。
治療は全て終えて、義歯も完成しました。
ところが、義歯を外す練習をしていた時に顎の粘膜を傷つけてしまい、それが治るまでもう少しかかります。
だけどまあ、概ねは良しとして、食べやすい寒天でお祝い、という訳です。

喧嘩したりハラハラしたり、振り返れば色々ありました。思い出しては母と二人で笑っています。
途中で投げ出すかと思っていたけれど、母はよく頑張って治療を続けてくれました。
今まで受けた事の無い新しい治療にいたく感動したのも、続けられた理由の一つだと思います。
「お母さん、長い間よく頑張ったね」
私がそう言うと、母は照れ臭そうに返しました。
「フフフ。あんたもね」
幾つになっても、褒められるのは嬉しいのですね。

母がもっと元気になってくれるように、これからもサポートを続けていきたいと思います。