読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

ホーホケキョ

ピチョン……ピチョン…ピチョン
水滴が落ちるような音で目覚めました。
『今日は雨かな?』
でも、よく聞いてみると少し違うみたい。
『あっ、小鳥の声だ』
起き抜けのボンヤリした意識の中で、それは次第に「ケキョ…ケキョ…ケキョ」に変わっていき、やがて「ホーホケキョ」に!
あっ、ウグイス。
しかし、完全にホーホケキョと鳴いたのはその一回だけでした。
母にその話をすると、是非聞いてみたいものだわと、身を乗り出しました。以前文鳥やインコを飼っていた程、母は小鳥が大好きなのです。

ウグイスはもうやってこないだろうな、と思っていたら、何と、お昼頃にまた来てくれました。多分朝の子と同じ。
耳の遠い母には鳴き声が聞こえないので、「ウグイスが来てるよ」と教えて、二人で窓際に寄って耳をすませました。
途端に、ウグイスが大きな声で歌い始めたので、じっくり観賞。
今度は「ホーホケキョ」が何度も聞こえました。練習の成果があったようで、朝より上手になっています。窓から覗いてみましたが、どこにも姿は見えません。

でも、素敵な歌声に大満足し、二人で顔を見合わせてニッコリ。
何とも言えない風雅なひとときでした。

f:id:kisaragikyo:20160321114914j:image
ご近所の桜です。朝日に満開でした。
f:id:kisaragikyo:20160321115235j:image
風は冷たいけれど、春はゆっくり確実に訪れています。

f:id:kisaragikyo:20160321225449j:image
靴が片方。凄く気になる。

こんな風に、私の故郷での1日が過ぎて行きました。