読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

奇跡の再会 ・ その2

       木枯らしが吹き始め、いよいよ秋も深まってまいりました。

        芸術の秋、本日もkoyouteさんの個展をお楽しみ下さい。

 

      f:id:kisaragikyo:20151023224654j:plain

 

 

      f:id:kisaragikyo:20151023224949j:plain

 

 

      f:id:kisaragikyo:20151023224844j:plain

 

 

      f:id:kisaragikyo:20151023224903j:plain

 

 

      f:id:kisaragikyo:20151023224349j:plain

かわいいお菓子屋さんや画家のアトリエなど、想像をかき立てられるモティーフです。

koyouteさんとお会いすると、学ばせて頂く事が本当に多いのです。

それは、単に技術的な事に限らず、ミニチュアハウスに対する姿勢や物事の見方など、多岐に亘ります。

短時間なのに、ギュッと色々なものが詰まっているような気がするのです。

 

きさらぎ:この前お会いしてから、私の中で革命が起きましたよ!

koyouteさん:レボリューション、ですね!

       

その時思い出したのですが、母にあげようと持って来た金魚鉢がたまたまバッグに入っていて、恥ずかしながらkoyouteさんに批評して頂きました。

                  持っていた金魚鉢

              f:id:kisaragikyo:20150731160846j:plain

koyouteさん:金魚鉢は横からでも中が見えるように、透明の方がいいですね。既成のミニチュアのグラスなんかいいかも。それから、金魚をもっと赤くして、グリーンの藻を入れた方が引き立ちますよ。

きさらぎ:その金魚1cmなので、実際は12cmの巨大金魚になっちゃうんですよ。その大きさが限界で、それより小さいのは作れなかったんです。

koyouteさん:小さめの鯉ぐらいですね。ちょっと大き過ぎるかなぁ(指を12cm位に広げながら)。作りにくければ普通の(ヒレがふわっとしてない)金魚の方がいいと思います。

 

知らない人が聞けば、「なんのこっちゃ?」の会話です。

でも指摘されたのが全部気になっていた部分だったので、いちいち納得。とても参考になりました。

教わった事は、次回にきっと活かしますぞ!

 

今回のテーマのパリへは実際にご旅行されたそうで、それ以外にも世界中の色々な場所を歩かれているそうです。

「実際に行って自分の目で見る事が大切なんです。その土地の空気は、想像だけではなかなか形に出来ません。色々なものを見て、自分の中に蓄積しておくことって、とても重要ですよ」

彼女のこの言葉が心に残りました。

なるほど。素晴らしい作品を創造する彼女のみずみずしい感性には、好奇心に満ちた行動力の裏打ちがあったのですね。

ミニチュアの世界に限らず、人生においてもそれは大切な事のように思われます。

今回も沢山の事を学び、私はとても充実した気分でギャラリーを後にしました。

 

そして帰ってから、頂いた名刺を見てびっくり。

印刷だと思っていたのですが、なんと、名刺の真ん中あたりに、最大(四角)で0.5cm×0.4cmの、粘土製のクッキーが貼られていたのです! 

               ルーペをご用意下さいませ

           f:id:kisaragikyo:20151026141749j:plain

最後の最後まで楽しませて頂き、本当にありがとうございました。