読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

夏休みの思い出・後編

ドールハウス 昭和の家

             小学五年生まこちゃんの目で見る昭和の暮らし

 

次の日、私はゆりちゃんの家に行きました。

その途中で私達はおもちゃ屋さんに寄りました。

ゆりちゃんは、おじさんにおねだりして、ダッコちゃんを買ってもらえることになったのです。ダッコちゃんをギュッと抱きしめたゆりちゃんは、本当にうれしそうでした。

 

田舎にある家はとても広くて、お部屋がいくつあるのか数えきれません。ゆりちゃんも数えたことがないそうです。家の中でかくれんぼができそう。探検するのもいいかな。

おじさんとおばさんは、畑で色々な物を作っています。

私達が着いた時、畑で採れたての野菜や果物が、井戸水と氷で冷やしてありました。

私が来た時にすぐに食べられるように、おばさんが準備してくれたのです。

どれも新鮮でおいしそう・・・。

          f:id:kisaragikyo:20150908153437j:plain

大きなすいかとまくわうりを、早速切って食べることにしました。

縁側が台所と食堂に早変わりです。

私達は濡れ縁にすわって、甘いすいかとまくわうりにかぶりつきました。

美味しくて冷たくて、すーっと体が冷えていきます。

      f:id:kisaragikyo:20150907221212j:plain

「たくさん食べてね」とおばさんは言って、次々に切り分けてくれます。

そこに虫取りから帰って来たまさる君(ゆりちゃんのお兄さん)も加わって、みんなでおなかがいっぱいになるまで食べました。

 

その後、夕方まで遊んだらもう晩御飯です。

おばさんと近所に住むおばさんの妹が、心尽くしのご馳走を作ってくれました。

ちらし寿司、トンカツ、エビととうがんの煮物、焼きナス、お漬物などです。

野菜は、どれも畑で採れたものだそうです。

「すごいご馳走!まるでお祭りみたいだね。毎日こんなの食べてるの?」と聞くと、ゆりちゃんは「まさか」と笑いました。

        f:id:kisaragikyo:20150907221411j:plain

「まこちゃんはやせすぎだから、たくさん食べて太って帰りなさい」とおじさんは言いましたが、本当に太りそうな量です。

 

その夜、私とゆりちゃんはお座敷で一緒にやすみました。

蚊帳に入る時、蚊も一緒に入ってこないように、二人とも大急ぎで入りました。

        f:id:kisaragikyo:20150908153500j:plain

楽しすぎてすぐに寝るのが勿体ないみたい。

でも、蚊帳の中で話をしていると、声が小さく遠くなって、二人ともだんだん眠くなってきます。そんな時に薄目を開けると、蚊帳がまるで海の中みたいでした。 

        f:id:kisaragikyo:20150908153516j:plain

ここでは、縁側の戸を少し開けて寝るのです。

「おやすみなさ~い」

風がとても涼しくて気持ちよく、知らないうちにぐっすり眠っていました。

        f:id:kisaragikyo:20150908153546j:plain

ゆりちゃんと居ると、時間がすぐに過ぎて行くような気がします。

あ~あ、もっとずっと一緒に遊べたらいいのにね。

帰ったら宿題が待っています。全然友達じゃないのに夏の友・・・。

                f:id:kisaragikyo:20150908153404j:plain

 

            (きさらぎの一言)

気が付けばとっくに9月。

お盆過ぎからの体調不良で、完成が大幅に遅れてしまいました。

その上、今回は4枚のガラス戸(本当はプラ板)に挑戦したので、それはそれは大変でした。まず同じ形・大きさの戸を4枚も作ることが困難。それが出来上がったら、レール付きの枠にはめ込み、滑らかにすべらせるのがまた大変。戸がすぐに外れてガタガタだったり、枠を削って作り直せば今度はすべらずに、物凄く建て付けが悪い戸になったり・・・。もうやめちゃおうかなぁ、と投げ出しそうになったこともありました。

それでも、出来上がったものを見ると感無量で、「今度は何を作ろうか」などと、性懲りもなく思ったりしています。

 

何も考えないでマヨネーズを作った後、この時代(昭和35年頃に設定)に、ポリ容器入りのマヨネーズが果たして存在したのかという疑問が湧き起こり、ネットで調べてみました。

              調味料セット(とんかつソース・醤油・マヨネーズ)

                  f:id:kisaragikyo:20150907221441j:plain

その結果、キューピーマヨネーズは昭和33年から現在と同じポリ容器になったという記述を見て、ホッとしました。それ以前はガラス瓶入りです。

キューピーマヨネーズは今年90周年だそうです。長い間私達の食生活を支えてくれているんですね。ありがとう。

 

この作品は、築百年以上経つ遠い親戚の家がモデルです。

その一家は、二十年程前に便利な街なかに引っ越してしまったので、その後この家がどうなったのかは分かりません。恐らくもう取り壊されたのでしょうが、私の脳裏にはずっと存在していて、こうして形にする事が出来ました。

井戸水で冷やした西瓜を縁側でおなかいっぱい食べた事が、子供時代の幸福な思い出として、今も心に残っています。

本文に出てくる「やせすぎだから、太って帰りなさい」というのは、子供の頃に親戚の人によく言われた言葉でした。

勿論、今は違いますよ。

 

さて、分り易いように作った物の大まかなサイズを書いておきます。

                   食卓の大きさ 12cm×12cm

              f:id:kisaragikyo:20150907221338j:plain

               スイカのバケツ直径3cm タライ直径6cm

              f:id:kisaragikyo:20150908153437j:plain

       縁側 横幅40cm×高さ25cm×奥行20cm(画像は縁を少しカットしてあります)

            f:id:kisaragikyo:20150907221212j:plain

あ~疲れた~。

完成祝いに、ちょいとビールでも飲みますか・・・。