読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

とっても可愛い真夏のスィーツ(その1)

透明粘土で作ったアイスキャンディー。

夏はこれからだというのに、もう夏バテ気味の方、いらっしゃいませんか?

こんな可愛いアイスキャンディーのおやつなら、体も頭もバッチリ働きそうですね。

でも、一人一個ずつね。

 

初めて透明粘土すけるくんを使って作りました。

半透明のアイスキャンディーの表現にはぴったりで、一本作ると楽しくて、どんどん数が増えていきました。

       f:id:kisaragikyo:20150722134330j:plain

            左から、グレープ・イチゴ・メロン・オレンジ・パイン・ソーダ 

 

(用意する物)透明粘土すけるくん すけるくんコート液

       アクリル絵の具 

       割り箸(キャンディー用の棒にします)

       ナイフ 手袋

(難易度) ★★☆☆☆       

 

(作り方)

1.新しい割り箸を半分に割り、削って2ミリぐらいの厚みにし、サンドペーパーでデコボコを無くしてから、端に丸みをつけて適当な長さに切ります。

     ※ナイフを使いますので、軍手などを使用して下さい。

この棒を売っている所が見つからなかったので、自分で作りました。お箸一膳で16本分ぐらい作れます。

      f:id:kisaragikyo:20150722140310j:plain f:id:kisaragikyo:20150722140411j:plain f:id:kisaragikyo:20150722140518j:plain

2.適量の粘土に好きな色の絵の具を混ぜ、てのひらで伸ばしながらよく練ります。この時、楊枝の先に絵の具を付けて少しずつ色を入れて下さい。薄すぎるかな?と思うぐらいで丁度です。3.の画像、ブルーは濃すぎたので、やり直しました。

3.粘土を丸めてアイスキャンディーの形にして棒を差し、形を整えます。

     f:id:kisaragikyo:20150722140630j:plain  f:id:kisaragikyo:20150722140958j:plain

                          ブルーは濃すぎて失敗!

4.粘土が乾燥したら、すけるくんコート液を塗って乾かします。更に光沢が欲しい場合は、乾いてからもう一度塗ります。

 

フローズン感を強調したい場合には、カラーサンド(ホワイト)を、コート液が乾く前に振りかけます。

       f:id:kisaragikyo:20150722135108j:plain

         これ、百均のミニ観葉植物コーナーで見つけました!

            f:id:kisaragikyo:20150722135657j:plain

              アイデア次第で可愛さ色々。

        ラメやカラーストーンで変化をつけても楽しいですよ。

             夏休みの自由研究にいかがですか?

 

        次回は、百均粘土を使ったアイスです。(ただ今制作中)