読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

旅人目線 in Tottori (その1)

鳥取へ帰省した一週間の旅。

往復は望んだ通りの曇り空。日光アレルギーも出なくて、ほっとしました。

実家にたっぷりと溜まった仕事(エアコン掃除・障子の張替え・家事一般・親戚周り…etc.)をこなしながら、今回は旅人の目で故郷を見つめてみました。

先ずは、駅周辺で見つけた面白いもの。

           ● 鳥取駅構内で迎えてくれたコナンの砂像 

          f:id:kisaragikyo:20150611144426j:plain

コナンの作者青山剛昌さんは、鳥取出身なんです。鳥取空港も、最近《鳥取砂丘コナン空港》に名前が変わりました。えーっと、それって、単に・・・。(敢えて言及を避ける)

             ● 駅南口の大黒様と因幡の白兎像

          f:id:kisaragikyo:20150611144556j:plain

ご存知白兎伝説。大国主の命(大黒様)と白うさぎが出会ったと言われる白兎海岸は、ここから北西に位置します。そこには白うさぎが祀られている白兎神社や、ワニザメを騙して渡ったとされる岩もあります。

 

              ● 駅北側のあちこちにある麒麟獅子のベンチ  

          f:id:kisaragikyo:20150611144452j:plain

麒麟獅子と言ってもピンとこないかもしれませんが、鳥取では神社の祭礼で舞うお獅子の大多数は、金色の獅子頭麒麟です。他の地方ではあまり見られませんよね。

ゆったりと舞う姿は、優雅で素敵ですよ。

関西に住み始めて「一般のお獅子って赤い丸顔なんだ・・・」と知った時、言い知れぬ寂しさに襲われました。

          お顔はこんな感じに、ユーモラスで優しげです

            f:id:kisaragikyo:20150611144520j:plain

     麒麟獅子ファンクラブがあれば入りたいぐらい、私は大好きなのです。

 

             ● かわいい百円バス《くる梨(り)》

           f:id:kisaragikyo:20150611150140j:plain

くる梨はコースによって赤・青・緑に色分けされていて、市内中心部を巡回しています。砂丘のような郊外には行きませんが、市内観光にはぴったりです。

街は以前の賑わいを無くし、メインストリートはシャッター街と化しています。でも旅人の目で見ると、まだまだ捨てたもんじゃないと感じました。