読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

ベビーたんす制作してます

場所をとる上に使用期間が短いせいか、最近とんと見かけないベビーたんす。

わざわざベビーのために箪笥を買うなんて、贅沢な。使っても数年ですよ。

幼い頃、私の家には勿論ありませんでした。でも他所の家で、箪笥の横にすやすや眠るベビーを見ると、両親にたっぷり愛情を注がれてきっと幸せになるんだろうなぁと、羨ましく思ったものです。

そんな昭和の絶滅危惧種、ベビーたんすを作っています。

この画像ではイメージが湧かないと思いますが、完全に組み立ててから白くペイントし、かわいいシールを貼る予定です。

 上の二枚の扉は開き戸になっています。

           f:id:kisaragikyo:20150327235646j:plain

まだ蝶番が取り付けてないので、寝かせたまま撮影。立てると開きがポロリと落ちます。高さは12cmです。

・・・というわけで、次作のテーマはズバリ『赤ちゃんがいる部屋』。

左に置いてある扉は失敗作。取っ手の位置を間違えました。

気付いてガ~~ン!!

 

気を取り直し、矢来餅(やきもち)を食べて気分をリフレッシュしてから、作り直しました。オーブントースターで温めると、表面が香ばしくサクッとして、一層美味しくなります。

     f:id:kisaragikyo:20150328001918j:plain  f:id:kisaragikyo:20150328001931j:plain

矢来餅という名前の由来は、下鴨神社の御祭神である玉依姫命が、川遊びの際に、流れて来た矢を持ち帰り床に入れて休むと懐妊された、という神話に基づいています。

うむ、こちらにもベビーが・・・。