読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

遠足の日・行ってきます編

昭和の家

今日は遠足の日。

空は晴れて、とても気持ちのよい朝です。私はいい匂いで目が覚めました。

それは、お母さんが作ったお弁当の匂いです。テーブルの上には私と妹のお弁当の折り箱が並んで、中にはご馳走がいっぱい。

今すぐ食べたい!でも我慢我慢。

丁寧に包んでリュックにしまいます。

         f:id:kisaragikyo:20141022223027j:plain

「毎日遠足だといいのにな」と、同じ中味のお弁当に、お父さんも嬉しそう…。

リュックを背負って水筒を掛けて、靴紐を結ぶのはちょっと手間取ります。でも、この靴が一番歩きやすいの。

おっと、帽子もかぶらなくっちゃ。

        f:id:kisaragikyo:20141022223510j:plain

 お父さんも、早くしないと遅れるよー。

        f:id:kisaragikyo:20141022224011j:plain

「行ってきまーす」私とひとみは、一緒に学校へ向かいました。

三年生のひとみはお芋掘り、五年生の私は柊山へバス遠足です。

考えただけでワクワクしてスキップ。ひとみも真似してスキップ。

         *  *  *

バスで山の麓に到着すると、私達は歩いて頂上を目指しました。頂上に到着すると、もうお昼です。

美しく色づいた、辺りの山々を眺めながら食べるお弁当は最高でした。

「まこちゃんのお弁当、とてもきれいね」と、お友達がほめてくれました。

歌を歌ったり、おしゃべりしたり、そしておやつを食べたり。楽しい一日はあっという間に過ぎて行きました。

 

・・・・・・・明日の<ただいま編>に続きます。(現在焦りながら編集中)