タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

玄関の戸を作っています

竹串と板を使って、玄関のガラス戸を制作中です。

竹串は先端を尖らせておきます。

板をノコギリで適当な大きさに切り、片端(溝にはめる部分)を彫り起してあります。板の横にキリで開けた穴に竹串をはめ込みます。

        f:id:kisaragikyo:20140929135649j:plain

その後縦枠を取り付けて、一応戸の形は出来ました。でも、これだけでは戸が上下のレールを滑らかに動きません。

        f:id:kisaragikyo:20140929143409j:plain

これからの作業は・・・・・・・・・

上に乗っている篆刻用の小さな彫刻刀(刃の幅は3㎜)を使い、スムーズに滑るようになるまで、削って削って・・・その後にサンドペーパーで磨きます。

難しいのは、この微調整。力を入れ過ぎると余計なところまで削ってしまい、台無しになります。

少しずつ、ゆっくり、正確に…。

最後に全体を研磨してデコボコを無くします。

 

故郷に木工が趣味の叔父が居て、私は帰省の度に作品を見に行きます。

椅子やテーブルなど、使い易くて温もりのある家具類を作っているのですが、この叔父に綺麗に作るコツを尋ねると、「ひたすら磨く事だよ」という返事。

やっぱりそうかぁ。要するに根気なんだよねー。

では、これからこつこつ頑張ります。