タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

お弁当セット・どんぐり&木の葉完成!

ドールハウス用の小道具を作り終えました。全部紙粘土(軽量樹脂粘土)で作っています。

お弁当の中身です。巻き寿司の大きさは、直径1.2cmです。

        f:id:kisaragikyo:20140922140355j:plain

ニスを一個ずつ塗ると手にくっつくので、詰め終わってから塗ります。試しにお稲荷さんを塗ってみて辟易。

お弁当箱(折り)は、後ろの『生わさび』の箱をカットして作る予定です。

 

葉っぱとどんぐりの完成形(ニス塗り済み)。こちらは実物大です。小さくすると、どんぐりが一体何なのか分からなくなりますから。

        f:id:kisaragikyo:20140922140513j:plain

どんぐりは、焦げ茶を混ぜてベージュにした粘土で形成し、乾いてから表面にどんぐりの色を着色します。下部にワイヤーを刺し、発泡スチロールなどに突き刺して乾燥させます。

f:id:kisaragikyo:20140922141628j:plainf:id:kisaragikyo:20140922141715j:plain

薄めたアクリル絵の具でぼかし加減に着色し、部分的に濃い色をアクセントとして着色すると自然な感じになります。

 

運動会や遠足などの行事には、普段は決してお料理上手ではない母が、朝まだ暗いうちから起きて、トントン、コトコト、ご馳走を作ってくれたのを思い出します。

母の得意料理は巻き寿司でした。この前帰省した折、「また食べたいなぁ、作ってよ」と頼んだのですが、「めんどくさいわ」と笑っていました。

しいたけ、かんぴょう、人参、高野豆腐を煮込んで味付けし、厚焼き玉子を作り、酢飯を作ってすのこで巻く。ああ、そうそう。キュウリや茹でたほうれん草も。

とても手間が掛かりますから、それなりに体力が必要なのでしょう。

今度は私が作ってあげる番かな?でも、未だに具が真ん中にきちんとおさまった巻き寿司は作れません。

もしも上手に出来たら、ブログにアップ!