読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

人生を変えた本

最近、親子関係、特に母と娘の確執について書かれた本が相次いで出版されている 。

その多くは、親によるある意味での『正しい教育』によって、『良い子』に育ってしまった娘の立場からのものだ。

そんな娘たちは、ある時ふと気付くことがある。

あの育て方は本当に正しかったのか、躾けとは名ばかりの、ただの歪んだ愛情の押し付けではなかったのか。自分のこのどこか屈折した性格は、親の育て方に原因があるのではないか。親のあの時のあの言葉や行為に、自分は深く傷ついたのではないか。

本当はもっと他にやりたい事があったのだ。それなのに、親のあの言葉によって目標を見失い、私の自由は奪われたのだ。

魂の殺人―親は子どもに何をしたか

魂の殺人―親は子どもに何をしたか

 

 この本は、そんな心理を扱った先駆け的存在だ。

冷静な語り口で、間違った教育がいかに子供の心を傷つけ、その将来に及ぶ危険性をはらんでいるかを分析している。

以前私はこの本を読み、親に対する考え方が変わった。親は間違った教育を私に施した。愛情一杯に育っていれば、本当はもっと違った生き方ができたのではないか・・・と、葛藤し、苦しんだ時期がある。

 

しかし、その時より少し大人の考え方が出来るようになった現在、あの憤怒に似た感情は消えてしまった。

一体、この世に完全な親など存在するのだろうか。親だって様々な事に苦しみ、助けを求めているのに、子供の心を傷つけずに育てる事なんて可能なのだろうか。

そう、親もまた不完全な存在なのだ。それなのに、親ばかりを責めるのは間違っているのではないか。

間違った育て方をした親、それは立派な反面教師なのだ。

年月を経てそれに気付かせてくれたという意味で、この本の存在はとても大切だと思う。

 

というわけで、明日から故郷に帰って、少しばかり親孝行をしてきます。