読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

桜子お姉さんの部屋

昭和の家

                   f:id:kisaragikyo:20140419153021j:plain

今日は、従姉の桜子お姉さんにお手玉作りを教わりました。

お姉さんは高校生ですが、手芸が得意でお琴も上手。優しくて美しくて、私のあこがれです。

お部屋に入ると、お姉さんは綺麗な布が沢山入った箱からお手玉にする布を選ばせてくれました。でも、どれも素敵で選ぶのに時間がかかります。

おしゃべりをしながら、チクチクお裁縫。楽しい時間が過ぎ、かわいらしいお手玉が、沢山出来上がりました。

        f:id:kisaragikyo:20140419153211j:plain

座卓の上を片付けて、おいしい桜餅をいただきました。

桜の香りが広がって、豊かで優雅なひと時が過ぎていきます。

        f:id:kisaragikyo:20140419152521j:plain 

 

        f:id:kisaragikyo:20140419152924j:plain

 

        f:id:kisaragikyo:20140419152654j:plain

            (きさらぎの一言)

今回は家具はシックですが、小物類は若い女性の部屋らしく、明るい色彩にしました。

壁と絨毯は桜色。布は赤を多めに使い、華やかさを演出しています。

家具は全て手作り。箪笥の金具は、かんざし用の針金をアクセサリー用のペンチで曲げてつくりました。ですから、一個ずつ微妙に形が違います^_^;。

製作に時間がかかり過ぎたので、二か月一緒になりました。

疲れたー、というのが今の実感です。