読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

ドールハウス基礎編・柱の製作

         今日は壁に取り付ける柱と横木を作りました。 

         f:id:kisaragikyo:20140304223801j:plain

 

1.まずは切り出しです。

べニヤ板に線を引いて、ノコギリで切ります。簡単そうですが、なかなかまっすぐに切れないのです。それに結構力が必要。腹筋や腕の力を使うので、ダイエット効果が期待できそう…。軍手は必需品です。

使用しているのは木箱。リサイクルです。

テーブルを傷つけないように、厚めの段ボールを敷いています。

          f:id:kisaragikyo:20140304223322j:plain

2.全部切れたら、デコボコを滑らかにする為にサンドペーパーで削ります。

木片などに巻きつけて使うと、削りやすい。今使っているのは、スキーのワックス塗り用のコルクです。

          f:id:kisaragikyo:20140304223354j:plain

3.こんな感じに出来ました。

          f:id:kisaragikyo:20140304223426j:plain

4.やっと着色です。仕上げのニスはケヤキ色を使うので、アクリル絵具(焦げ茶色)を薄く溶いて塗っています。無色のニスを使う場合は、濃いめに塗ります。

          f:id:kisaragikyo:20140304223549j:plain                                                              

5.ニス塗りです。

クッキングペーパーを敷き、表・裏・ふち、と乾かしながら塗っていきます。表にもう

一度塗って艶を出します。使っているのは、ニッぺの水性ニス(チーク)。

   f:id:kisaragikyo:20140304223653j:plain f:id:kisaragikyo:20140304223510j:plain

 6.よく乾燥させてから、裏にボンドを塗って壁に貼ります。 

        f:id:kisaragikyo:20140304223727j:plain

 

 柱があると、画面が引き締まり、ぐっと本物っぽい感じになります。

厚紙や段ボールなどでも代用できます。

木を切る作業で一番大変なのは、後片付け(^^♪。 傍に小さなほうきとチリ取りを置いておくと便利です。