読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

紙粘土のブローチ チョコレートはいかが?

紙粘土

板チョコをブローチにしてみました。チョコっとつまんで食べちゃいそう…。

銀紙はアルミホイル、包み紙は本物のチョコレートのものを使いました。包み紙さえあれば、短時間で簡単に出来ます。大きさは、2.2×3.7㎝です。

         f:id:kisaragikyo:20130506095144j:plain

板チョコの作り方 難易度★★☆☆☆

1.粘土にこげ茶の絵具を混ぜて練り、板状に伸ばしてから、長方形になるようにふちを切ります。

              f:id:kisaragikyo:20130506095643j:plain 

2.竹串やへらなどを押し当ててチョコの山を作り、乾燥させます。端に歯型をつけても面白いです。乾いたらニスを塗り、再び乾燥させます。   

              f:id:kisaragikyo:20130506095713j:plain 

3.アルミホイルに包んでから、チョコレートの包み紙をボンドで貼り付けます。包み紙は、小さい文字が入っている部分を使います。(画像は裏向きです)         

              f:id:kisaragikyo:20130506095352j:plain  

4.その後、上の方を手でちぎって中のチョコを覗かせます。銀紙の部分を少し出すと自然な感じになります。ニスを全体に塗って(銀紙と包み紙も)乾燥させたら出来上がりです。