読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

ピッカピカ〜ヾ(@゜▽゜@)ノ

25日に京都に帰ってきました。それからは、たっぷり溜まった洗濯物を片付け、お正月用の買い出し、年賀状書き、そして大掃除と、目の回るような忙しさ。ところが、忙しすぎたのか胃がチクチク痛みはじめ、家にある胃薬を飲みました。お陰で痛みはなくなりま…

赦し

こんな日もあるのだなぁと、不思議なくらいに暖かな冬の一日。 母がそそくさと外出の身仕度を始めました。 二日前にアマゾンからシルバーカートが届いたのですが、寒くて使う機会がなく、「お天気がいい日にこれで散歩しようね」と言ったのを、今日こそチャ…

鳥取にも銀座があるんだよ

昨日お墓参りに行った帰り、「あの場所どうなっているかな?」と、川端銀座通りをぶらついてみました。昔この通りに『世界館』という映画館があり、高校生の時、よく足を運びました。町並みは全く変わってしまいましたが、空き地やシャッターが降りていたお…

多趣味な母のお下がり

私が物心ついた頃には、母はすでに幾つかの趣味を持っていました。はじめは編み物や洋裁など、家族にとっても役立つものでした。しかし、子供達が成長して自由な時間が増えるにつれて、趣味はどんどん増えていき、私の記憶にある限りでは、ロウケツ染め・手…

ドキッ‼黒い軍団

うっかりと、 タイトルだけアップしてしまい、御覧になった方は、???だったことでしょう。 大変失礼致しました。 記事を一旦下書きに戻して、書き直しました。 コメントをお寄せくださったbuunanomeさん、そしてスターをくださった方々。 ご迷惑をおかけ…

朝からたっぷり

最初に歯医者さんに母を連れていった時、担当の歯科医師に言われたのは、栄養管理をしっかりして下さい、という事でした。独り暮らしを余儀なくされてから 、母はいい加減な食事しか作らず、偏食ばかりだったようです。その為栄養が体に行き渡らず、脚気や高…

哀愁のたぬきうどん

只今帰省中です。これは、帰る前日に作った、たぬきうどんです。実はこの日、夫が風邪を引いてしまいました。お昼に作ったたぬきうどんは、葱と生姜をたっぷり乗せて。風邪引きの時のわが家の定番メニューです。その夜には熱が下がっていて、ほっとしました…

喫茶店の食器

ここ数日私が何をしていたかと言いますと、せっせと食器を作っておりました。 勿論、ドールハウスに使う超ミニサイズです。カップの外径は0.8~1.2cm、お皿の直径は最大2.8cmです。厨房も作りたいので、大変苦戦しています。これから什器類も揃えて(どんどん…

ちょっと怖い

前回のコカ・コーラウエストスポーツパークにあった滑り台です。丘陵を利用していて、とても高くて長い。思わず「怖っ」と言ってしまいました。 大人は利用不可のようですが、たとえ許可されても、足がすくんで私には絶対無理。 これは、そのすぐ側にある古…

故郷の秋

やっと鳥取から帰ってきました。 二週間の滞在期間に、母の歯医者さん通院に付き添い、漸く治療の目処がついてきました。あと数回で下の歯の治療が完了し、被せ物が出来るそうです。上の入れ歯が入り完全に治るのは来年です。ヤレヤレ。 まぁここまで来たん…

寄り添ってわかる危険

母の元へ手伝いに通い始めて4~5年経ちます。 初めは2か月に1度、期間は1週間位のローテーションで、私は掃除や料理、買い物などをしていました。最近は母の歯の治療に付添うため、月の半分は鳥取に帰っています。 母は脚と肩の関節を傷めて、以前のよ…

寒い夜には茶碗蒸し

今日は冷たい風がピューピュー吹き、とても寒い一日でした。 こんな夜こそ作るのだ~~っ!とばかりに、新しい蒸し茶碗を使って茶碗蒸しを作ってみました。 中の具はシンプルに、ささみ・かまぼこ・しいたけです。 ギンナンと百合根があれば最高ですが、贅沢…

喫茶店のソファー

旅行の前からとりかかっていたソファーが、やっと出来ました。 出来上がったもの全部を並べてみると、こんな感じになります。 他にも作らなければいけないものが多いので、出来上がりはやっぱり来年になるかも。 イメージがどんどん膨らんでいって、これは自…

秋っていいな~

実家に帰って秋を実感。 散歩中にアザミを見つけました。 やぁ、キミに会うのは久し振りだね。子供の時以来かな。 ギザギザの葉っぱで威嚇してるけど、ホントは優しい心の持ち主なんだよね? すすき達はいたずら者。 手を伸ばして空をくすぐってるんだ。 ど…

奇跡の再会 ・ その2

木枯らしが吹き始め、いよいよ秋も深まってまいりました。 芸術の秋、本日もkoyouteさんの個展をお楽しみ下さい。 かわいいお菓子屋さんや画家のアトリエなど、想像をかき立てられるモティーフです。 koyouteさんとお会いすると、学ばせて頂く事が本当に多い…

奇跡の再会 ・ その1

帰省中、嬉しい出来事がありました。 母が大音量でテレビを観ていたので、「どうしたの?聞こえないの?」と尋ねると、「補聴器の電池が切れちゃった。スペアがある筈なんだけど、見つからないんだわ」と言います。 大探しして、やっと母のリュックから2個見…

母を歯医者さんに連れて行く

お久しぶりです。 二週間程、母を歯医者さんに連れていくために帰省していました。 電話で説得してやっと受診するところまで来たと思っていたのですが、帰省してみると母は色々心配して、心が揺らいでいました。 医院の診察券だけは作って貰っていたのですが…

新旧交代期?

つい最近まで使っていた蒸し茶碗です(多分信楽焼)。 茶碗蒸し・蕪蒸し・そば猪口の代用・・・多様に使っていました。 手触りが柔らかく、模様も温かみがあり、とても気に入っていたのですが、実は中を覗くとひびだらけ。漏りはしませんけれど、お客様には…

バイブルのようにこの本を読む

子供の頃から本好きでしたので、随分沢山本を読んできました。 学生の頃の愛読書は大江健三郎・安部公房・倉橋由美子。 いわゆるフランス文学系、と言われる作家の作品です。 新刊が出た途端に買いに走りました。 主人公のアブノーマルな行き方や孤独感が心…

梨の事件

鳥取の母から梨が届きました。 『二十世紀梨』と『あきづき』の二箱がドーン! あきづき(赤梨の方)は初めて食べました。どちらも甘くてジューシーでそれはそれは美味です。 嬉しいことに、この季節は梨まみれです。 ところが、この梨に関して、ある事件が…

恋が叶う? ハートのぶどう

昨日八百屋さんで買ったぶどうに、こんなハート型の粒がありました。 幅3.2cmとかなり大粒。 『種なしピオーネ』という品種です。 撮影後、「冷凍保存しとけば?」という家人の言葉を尻目に、思いっきり大きな口を開けて一口で食べました!ふふふ、甘くて…

湖山池夕景

鳥取3日目です。 夕景が撮りたくて、湖山池へ行きました。 以前もご紹介しましたが、海でも湖でもなく、日本一大きな池です。 でも、地元以外の方はご存じないと思います。 池の中にあるひょうたん型の島は、青島と言います。島を一周する歩道があります。 …

ダブルクロッシング

鳥取二日目。 車での買い物帰りに停まった交差点。 飛行機雲がクロスしているのが見えました。 青空に綺麗な白線がくっきり。 道路の交差点と、空の交差点。 「ダブルクロッシングだね」 しばらく見とれていました。 尚も走り続けると、やがて空は茜色に染ま…

帰省、そしてサンドミュージアム

しばらく鳥取に帰省していました。 お盆にはまだ日にちがあったので、渋滞に巻き込まれずに帰れると思っていたのですが、高速道路が京都から宝塚まで渋滞し、3時間で帰れるところを7時間もかかってしまいました。 阪神高速の、気温は38度。 オーバーヒー…

素敵な粗品って・・・

スーパーで買い物を終えて外に出ようとすると、気になるアナウンスが耳に飛び込んできた。 《本日カード会員になられた方には、お買い物券とともに素敵な粗品をご用意しております》 ぬぬぬ・・・その、素敵な粗品って一体ぬぁにぃ~? 素敵だけど粗末な物?…

病院へ行こう!

ある朝目覚めたらマタンゴになっていた。 カフカ風に書いたらこんな感じです。 先週の木曜日、何だか目が痒いなぁと思いながら眠りに就きました。 それに顔のあちこちや首も、痒くて赤みがありました。 《いつもの日光アレルギーかな?》 しかし、強い痒みで…

シソを漬けました

今日は梅漬けにシソを加えます。 根付きのシソを二束買ってきて、根と茎の部分を切り落として洗い、葉だけを摘み取りました。シソが多ければ多いほど、梅の赤い色が濃くなります。 シソは色が鮮やかで葉の縁が縮れているものが良いそうです 葉に塩を大さじ一…

さようなら、花の6月(植物園 蔵出し編)

今日も植物園です。これは沈床(ちんしょう)庭園というフランス式の庭園。 美しく刈られた樹木が特徴です。 ここで写真を撮ろうと思ったら、メモリーが一杯に。まだ数枚しか撮っていないのに・・・。 濡れたベンチに腰掛けて、せっせせっせといらない画像を…

京都府立植物園 大温室

梅雨の晴れ間、府立植物園へ行きました。 大温室(別料金・200円)は特に好きな場所で、いつも入ります。変わった植物がいっぱいで、いつまでも飽きずに見ていられます。 あれ?こんなトゲトゲのオブジェ、この前は無かったよね。 入ってすぐにあったベニ…

やっと始まる 梅物語

もういいかげん始めないとなぁ・・・。 そう思いながら、延ばし延ばしにしていた梅干し作り。遅ればせながら、やっと手を付ける気になりました。 でも嬉しい事に、出始めよりも梅が安くなっていて、しかも完熟に近い状態のものが店頭に並んでいます。もう少…

旅人目線 in Tottori (最終回)

これな~に? 鳥取のメインストリート若桜(わかさ)街道にある若桜橋です コンクリートで造られた巨大なオブジェ。橋の両側の袂に計四個、この形のものがあります。 いつからあるのか、何のためにこんなものが取り付けられているのか、全く分かりませんが、…

旅人目線 in Tottori (その4)

昔遊んだ場所へ 今は静かな住宅街に変わっていますが、私が生まれた町は、かつて様々なお店や職人さんの仕事場などが立ち並ぶ賑やかな場所でした。 そこからほど近い所に県庁や市役所などの公共機関やコンサートホールなどの文化施設、それに城跡があり、そ…

旅人目線 in Tottori (その3)

koyoute さんに会いに行く いよいよ koyoute さんに会う日。 お昼すぎの約束だったので、少し早めに家を出て駅前で食事をしてから《Chez Lierre》で書いて頂いた地図を片手にアトリエを探しました。 ドアの横に《 OHAKO 》という看板が置いてあるそうです。 …

旅人目線 in Tottori (その2)

こんな事ってあるのでしょうか。 まるで運命の神に導かれるように、出会ってしまったのです。 故郷に着いた日、膝が痛くて一人では外出がままならない母を誘って、買い物がてら散歩に出かけました。始めは、ご近所さんにご挨拶してからコンビニに行くだけの…

旅人目線 in Tottori (その1)

鳥取へ帰省した一週間の旅。 往復は望んだ通りの曇り空。日光アレルギーも出なくて、ほっとしました。 実家にたっぷりと溜まった仕事(エアコン掃除・障子の張替え・家事一般・親戚周り…etc.)をこなしながら、今回は旅人の目で故郷を見つめてみました。 先…

日本中の本好きが集まる場所

京福電鉄一乗寺駅近くに、有名な本屋さんがあります。 その名は恵文社。 外観はお洒落なレストラン風、中はシックなインテリアに統一され、落ち着いて本を選べるお店です。 テーマ別のコーナーが随所にあり、一つの事柄について専門的な深い知識を得られる本…

私的お弁当考

キャラクター弁当って、どうなの? ワイドショーなどでキャラ弁が取り上げられる度に、首をひねっていました。小さく握ったおにぎりに、アニメのキャラクターの顔をソーセージや海苔で描き、チマチマと詰め込む。隙間にはレタスやブロッコリー、ミニトマト。…

あっ、やっちゃった!

からりと晴れて風が心地よい。 こんな日は・・・そう私にとってはペンキ塗り日和。 ずっと気になっていた洗面ボールのハゲハゲ。チャチャッと補修でもしましょうか。 ホームセンターでホウロウ用のペンキを探しましたが、ありませんでした。 店員さんは「ペ…

ワンタフト・小さな歯ブラシ

歯科検診に行って来ました。 検診の内容は・・・ 1.虫歯と歯周病のチェック 2.歯周ポケットの深さのチェック 3.綺麗に磨けているかどうか、マーカーで染め出し・チェック 4.フロス・歯間ブラシ・歯ブラシを使ってブラッシング 5.フッ素塗布(6か…

全てのお母さんへ・・・

ありがとうの心をこめて 最近母は「あなたが子供の頃、ひどい事を言ったりして済まなかった」と謝罪したり、 周りの人にも「この子はかわいそうな育て方をしました」と言うようになりました。 遅すぎるけれど、気付いてくれたのは大きな進歩です。 「そんな…

朝から泣きました

連休中は忙しく過ごし、やっと今日が休日。朝はゆっくり起きようと思っていました。 それなのに、いつもと同じ5時15分に目覚め、頭が冴えて二度寝も出来ない。 そこで、読みかけの本を読んで過ごすことにしました。 幻肢 作者: 島田荘司 出版社/メーカー:…

夏のとなりに

髪かろき妻坐りゐて夏隣 (父の句集より) まだ4月だというのに気温は30度近くまで上昇し、すぐそこに来ている夏を感じさせる日々。『夏隣』という季語が登場する、父の俳句を思い出しました。 美容院から帰って来た母を見て、この句のアイデアが浮かんだ…

カタカタ完成しました

カタカタ音がする部分は、ワンちゃんにしました。 木を削って犬の形を作るのは小さすぎて不可能ですから、木かる粘土で作りました。 木の感じを出したくて、水性の透明ニスを 一回だけ塗っています。 横2cm、高さ1.3cmです。 鼻の大きさがマチマチ。 ま、こ…

思いつきで、カタカタを作っています

ドールハウス用のおもちゃ(遊具)です。 昭和のおもちゃにどんなものがあったのか、ホームページを見たり、記憶を掘り起したり、昔の写真を出してみたり作っています。もう十分作った筈なのに、急に「こんなのがあったような・・・」と思いついて、下のおも…

乾燥中~

ペンキ塗りをしています。 右側の水色の棒は柱、格子は窓になります。薄くて分かりにくいけど。 左側のオレンジ系は壁です。色が決まれば後は何も考えずに塗るだけなので楽々。 でも、色を作るのはちょっと大変。なかなか思い通りの色は出来ません。 今回は…

ベビーたんす制作してます

場所をとる上に使用期間が短いせいか、最近とんと見かけないベビーたんす。 わざわざベビーのために箪笥を買うなんて、贅沢な。使っても数年ですよ。 幼い頃、私の家には勿論ありませんでした。でも他所の家で、箪笥の横にすやすや眠るベビーを見ると、両親…

紙粘土で作る物語

ぶどう村だより 今日はワインの仕込みをする日。ぶどう村では、ウサギさんたちが忙しく働いています。がんばってね~。 女の子たちも、大きなかごにぶどうを入れて運びます。 おやおや、ぶつかっちゃったのね。大丈夫? ぶどうを入れて、ミキサーでつぶして…

優しい毒・・・ナンシー関という生き方

「じゃ、またね」 と別れてから暫くして、相手の訃報が届くという事を、今まで数回経験しました。覚悟のない別れは、大きな痛みと悲しみを伴います。 ナンシー関の死もそんな感じでした。ずっとそこに居てくれると思い込んでいた人に、突然逝かれてしまった…

チンプンカンプンの木

父方の祖父母の家に、チンプンカンプンの木という不思議な木がありました。そんな名前の木がある筈はなく、どこからか飛んできた種が根付いて成長したので、誰も名前を知らなくてそんな呼び名を勝手に付けたのだと思います。 記憶の中だけにあるその木は、後…

景色独り占め

帰省したついでに、郊外の散歩を楽しみました。 ずっと家で母と向き合っていると、話題がだんだん無くなり、家事も思うように進まず、次第に心が疲弊してくるのを感じます。そんな時は、気分転換にお気に入りの散歩コースをゆっくりと歩いてみます。 海か湖…