タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

日記

鳥取レポート・その1

数日前から鳥取に帰っています。バスから降りた時の鳥取駅はこんな感じでした。大雪のニュースで、この辺がよく映っていましたよね。この雪はガチガチに凍ったざらめ雪ですが、春のような日差しと翌日の雨で解けてしまい、今は殆ど残っていません。吹雪に耐…

キッチンカウンターとレジスター

色を塗る前の、昭和の喫茶店用流し台です。タイルにしようか、それともステンレスにしようかと迷いました。それに、昭和35年にステンレスの流しがあったのか気がかりで調べてみると…。31年にはサンウェーブで製造開始されていたそうで、ほぼステンレスに内定…

スマイルミシン2号

お正月から、長~いお休みを取っていましたが、漸く復帰。昭和の喫茶店は、完成まもう少しです。それを中断してまで熱中していたのは、ジャン‼このミシンです。以前母に「ミシン、ほしいな〜」とリクエストされ、いつか作ろうと思いながら、2年が経過してい…

不良になって下さい

今年最後の診察日「年末は大掃除をサボります」と言う私に、耳鼻科の先生は「いいですね〜。大いに不良になって下さい」と仰いました。何と嬉しいお言葉。私の病気、メニエール病は真面目で几帳面な人がかかりやすいらしい(自分で言うのも何ですが…)。性格は…

京都駅の羅城門

鳥取の実家での仕事をこなし、やっとこさ帰り着いた京都駅。タクシー乗り場の先に人だかりがしています。それもほとんど外国の方々。そこにあったのは、ミニチュアの朱塗りの建物でした。左に京都タワーがあるのに、ツーショットを撮り損ないました。その時…

今朝の空

鳥取の実家に帰っています。朝6時半頃、台所に立つと磨りガラスの向こうが真っ赤で、咄嗟に「火事だ!」と外に出たら、朝焼けでした。厚い雲が昇り始めた太陽を覆い、恐ろしい程に赤い空。ゴジラが出現しても不思議ではない。嵐の前にはこんな空になる事が…

ボールペンで作るキャニスター

ドールハウス用のガラスのキャニスターはネットで買えるのですが、メチャクチャ高くて数を揃えるのはとても無理。そこで、身近な物を使うことにしました。インクの無くなったボールペン。キャップは木紛粘土です。だけど、こうして並べると可愛いね。《作り…

来年に続く扉

前回中途半端だったミニチュアレンガ壁。扉と窓のはめ込みが完了しました。扉と窓は、以前作り置いていたものです。扉をちゃんと開くようにしようと、先日蝶番を取り付けたのですが、これがまた大変で、思い出すだけで、どっと汗が…。板を彫り込んで、蝶番を…

ミニチュアレンガ壁の作り方

レンガ壁がやっと完成しました。《材料》樹脂系ボード・コルク板・木粉粘土※木紛粘土は、45×30cmのボード1枚につき、2個使いました。樹脂系ボードを使った理由は、窓やドアの穴をカッターでくり抜きやすいからです。ホームセンターで購入。コルク板と木粉粘…

小さなメニューボード

喫茶店のメニューボードを作りました。左は、以前制作したショーケースです。並べると、それなりに雰囲気が…。では、メニューボードの作り方についてご説明します。材料は3㎜程度の細い棒、竹串、薄い板です。イーゼル部は、左から、棒の長さ8.5㎝2本、6㎝、…

踏んだり蹴ったり転んだり

こんにちは!久しぶりにこの場所に帰ってきました。実は、9月下旬京都に帰ってから、耳鳴りやめまい、そして頭痛がひどくなり、ただ事ではないと思って耳鼻科を受診しました。メニエール病という診断でした。音がボワンと響き、難聴もあります。1か月以上薬…

京都タワーはナルシスト

京都タワーを正面から撮り、高速バスチケット売り場で時間待ち。何気なく見上げた京都駅に、タワーのてっぺんが映っていました。ふふ。面白い。何度も通う駅なのに、知らずに通り過ぎていた。タワーさんは、いつも鏡で自分の姿を見ていたのかぁ。うっとり見…

はじめまして

待ちに待った妹の誕生。3歳の新米お姉ちゃん、はじめは恐る恐るほっぺをツンツン。やがて自信ありげにだっこする。そうかぁ。メルちゃん人形で、シュミレーションは十分できてるもんね。前日会いに来たけれど、お産直後は子供は面会出来ないという病院の規則…

東京ドームと文教区役所

東京ドームシティ。ア〜ッツ。とにかく暑いので、ビルの中に直行。ひんやり涼しいゴーヤのトンネル。小ぶりのゴーヤが沢山ついていました。すぐ側の、文教区役所シビックセンター25階展望ラウンジから臨むスカイツリー。ここには無料で上がれます。孫と私と…

シン・ゴジラ は観るべき

明日が出産予定日という息子のお嫁さんと、新宿にシン・ゴジラを観に行きました。さすが庵野監督、命を削ったと言っても過言ではない撮影。タイトルに『シン』と付くだけあって、今までとは全く違うスケールの大きさ、そしてリアル感です。「えっ?このアン…

さよなら東京

東京を去った先週の水曜日は、来たときと同じように小雨が降っていました。また近い内に訪れるのに、寂しさもあります。東京のマンホールの蓋は、桜と銀杏の葉。前夜息子が買ってきた鯛焼きは、物凄く厚みがあって、お皿に立ちました!商店街の名物だそうで…

東京タワー

横から見るか下から見るか。ついに、念願かなって東京タワーに行きました。いつでも行けると思うと、なかなか足が向かないものです。先ずは増上寺に寄って、ベストショット。新旧を代表する建造物が調和する場所。本堂の回廊より撮影。増上寺宝物展示室で徳…

ワワッ、東京だ〜っ!

はい。おのぼりさんそのものです。昨日、小雨降る東京に到着しました。新丸ビル7階レストランのテラスから、東京駅を撮影。広い!高層ビルがニョキニョキ!山が無い!圧倒されます。新幹線に乗る前の京都は、こんな感じでした。タクシーの中で撮影。今回は遊…

駅・まさかの出会い

鳥取駅のバスターミナルで高速バスを待つ間に、面白い光景に出会いました。道路を隔てた歩道。荷台に花(多分造花)を一杯積んだおじさんが、ビュンと走り去って行きました。海を渡ってくる風に花がさわさわ揺れて、一瞬不思議な時間が流れ…。あれは一体何だっ…

そら豆びより

ご近所さんにそら豆を頂きました。京都の八百屋さんで見かけたパック入りは、7〜8本で300円位だったので、「高っ!」と素通りした記憶があります。中身は何粒かを考えると、とても手を伸ばす気にはなれませんでした。それが、そら豆さんの方からやって来てく…

おすすめの京土産

注文していた『夏柑糖』が届きました。京都、老松さんの人気商品。夏期限定の爽やかなスイーツです。ほどよい甘さに夏蜜柑の香りと酸味が何とも上品で、トゥルルンと口の中で溶けていきます。こんな風に、夏蜜柑丸ごとくりぬいて、中に寒天液を流し込んで固…

喧嘩しながら歩く道

母が急に藤を見たいと言い出し、散歩に出掛ける事になりました。「すぐ近くに藤棚があるから」と言うのを信用した私が馬鹿でした。歩いても歩いてもその場所には辿り着けず、しびれを切らした私は「もう帰ろうよ〜」。「いやいや、もう少しだから」母は言い…

お祭りの山車に出会う

今日も鳥取紀行です。お読みになる方は、私がずっと鳥取に居るように思われるかも知れませんね。でも決してそうではありません。月の半分は京都に居るのですが、忙しくて最近あまり外出しないので、記事になるようなニュースが少ないのです。というワケで、…

蕗の煮物

もう十分伸びたよね。そろそろいいよね。庭の隅、蕗が伸びてきました。太めのを切り取り、板ずり・アク抜きをして皮をむき、出汁で煮て…。ジャーン‼蕗の煮物の出来上がり。鰹だしの他には、塩と酒だけの味付けです。たっぷりの鰹節ををトッピング。…(今回は…

タンポポの綿毛

お願い、わたしを遠くに飛ばして。わかったよ。思いっきり息を吹いて、キミを風に乗せてあげよう。でも、全員は無理だ。だってこんなに大勢居るんだもの。野原一面に綿毛のタンポポ。みんなそれぞれに飛んで、色んな場所で根を張って生きるのです。逞しく、…

タケノコ貰った!

実家のお隣さんに、立派なタケノコを頂きました。早速アク抜きしなくっちゃ。タケノコ大好きな、私の心は逸ります。おっと。米ぬかがないけど、ま、とぎ汁と米で代用しましょう。米は、大さじ2杯程度。先を切り落とし、十字に切れ目を入れて、たっぷりのとぎ…

昭和に会える場所・わらべ舘

母の介護で少し疲れてきた私は、お墓を掃除したあと、半日だけの自由時間に鳥取市内を散策。わらべ舘へ行きました。県立図書館旧館の外観をそのまま残し、中をリニューアルして昔の暮らしが展示されています。旧図書館には、よく通いました。今でも、床のワ…

ホーホケキョ

ピチョン……ピチョン…ピチョン水滴が落ちるような音で目覚めました。『今日は雨かな?』でも、よく聞いてみると少し違うみたい。『あっ、小鳥の声だ』起き抜けのボンヤリした意識の中で、それは次第に「ケキョ…ケキョ…ケキョ」に変わっていき、やがて「ホーホ…

透明度がまだ

エポキシ樹脂で制作したコップです。大きさ、形、まちまちですね。なかなか同じものが出来ません。高さは平均すると1cm位になります。水洗いしている時に、1個行方不明になってしまいました。イマイチ透明度が足りないので、もう少し工夫が必要ですな〜。工…

おから大好き!

子供の頃からおから好きです。ひじきや切り干し大根なども、物心つく頃から大好物。食べ物に関しては、シブイ趣味の子供でした。おばあちゃんが炊いた甘辛い味は父に受け継がれ、そして今では私の味になっています。冷蔵庫に少しずつ残った根菜やちくわ、そ…