タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

散歩

風薫る下鴨神社

5月の爽やかな風に誘われて、下鴨神社まで行きました。一礼して大鳥居をくぐると…、美しい楼門。この日(4日)は流鏑馬の翌日で、15日の葵祭に関連した行事や儀式が行われています。『斎王代御祓の儀』は終わっていましたが、『古武道奉納』は始まったところで…

レンガを見に行く

夏に作り始めたミニチュアのレンガの壁が、最後の仕上げを残したまま置きっぱなしになっています。後は部分的に色を塗って、単純な壁面に変化を付けるだけ。そんなに難しい作業ではない筈なのに、思い通りに出来るかどうか自信が持てず、手が出せなかったの…

東京ドームと文教区役所

東京ドームシティ。ア〜ッツ。とにかく暑いので、ビルの中に直行。ひんやり涼しいゴーヤのトンネル。小ぶりのゴーヤが沢山ついていました。すぐ側の、文教区役所シビックセンター25階展望ラウンジから臨むスカイツリー。ここには無料で上がれます。孫と私と…

喧嘩しながら歩く道

母が急に藤を見たいと言い出し、散歩に出掛ける事になりました。「すぐ近くに藤棚があるから」と言うのを信用した私が馬鹿でした。歩いても歩いてもその場所には辿り着けず、しびれを切らした私は「もう帰ろうよ〜」。「いやいや、もう少しだから」母は言い…

タンポポの綿毛

お願い、わたしを遠くに飛ばして。わかったよ。思いっきり息を吹いて、キミを風に乗せてあげよう。でも、全員は無理だ。だってこんなに大勢居るんだもの。野原一面に綿毛のタンポポ。みんなそれぞれに飛んで、色んな場所で根を張って生きるのです。逞しく、…

昭和に会える場所・わらべ舘

母の介護で少し疲れてきた私は、お墓を掃除したあと、半日だけの自由時間に鳥取市内を散策。わらべ舘へ行きました。県立図書館旧館の外観をそのまま残し、中をリニューアルして昔の暮らしが展示されています。旧図書館には、よく通いました。今でも、床のワ…

ホーホケキョ

ピチョン……ピチョン…ピチョン水滴が落ちるような音で目覚めました。『今日は雨かな?』でも、よく聞いてみると少し違うみたい。『あっ、小鳥の声だ』起き抜けのボンヤリした意識の中で、それは次第に「ケキョ…ケキョ…ケキョ」に変わっていき、やがて「ホーホ…

私流元旦の過ごし方

せめて元旦は寝坊をしたい。お昼頃ゆるゆる起きて、暖かな部屋で炬燵に足を入れ、誰かが用意してくれたおせち料理に舌鼓を打つ。……なぁんてね。子供の頃には当たり前だったこんな光景は、今では夢のまた夢なのです。ま、お正月早々に愚痴をこぼすのはやめて…

赦し

こんな日もあるのだなぁと、不思議なくらいに暖かな冬の一日。 母がそそくさと外出の身仕度を始めました。 二日前にアマゾンからシルバーカートが届いたのですが、寒くて使う機会がなく、「お天気がいい日にこれで散歩しようね」と言ったのを、今日こそチャ…

鳥取にも銀座があるんだよ

昨日お墓参りに行った帰り、「あの場所どうなっているかな?」と、川端銀座通りをぶらついてみました。昔この通りに『世界館』という映画館があり、高校生の時、よく足を運びました。町並みは全く変わってしまいましたが、空き地やシャッターが降りていたお…

ドキッ‼黒い軍団

うっかりと、 タイトルだけアップしてしまい、御覧になった方は、???だったことでしょう。 大変失礼致しました。 記事を一旦下書きに戻して、書き直しました。 コメントをお寄せくださったbuunanomeさん、そしてスターをくださった方々。 ご迷惑をおかけ…

哀愁のたぬきうどん

只今帰省中です。これは、帰る前日に作った、たぬきうどんです。実はこの日、夫が風邪を引いてしまいました。お昼に作ったたぬきうどんは、葱と生姜をたっぷり乗せて。風邪引きの時のわが家の定番メニューです。その夜には熱が下がっていて、ほっとしました…

ちょっと怖い

前回のコカ・コーラウエストスポーツパークにあった滑り台です。丘陵を利用していて、とても高くて長い。思わず「怖っ」と言ってしまいました。 大人は利用不可のようですが、たとえ許可されても、足がすくんで私には絶対無理。 これは、そのすぐ側にある古…

故郷の秋

やっと鳥取から帰ってきました。 二週間の滞在期間に、母の歯医者さん通院に付き添い、漸く治療の目処がついてきました。あと数回で下の歯の治療が完了し、被せ物が出来るそうです。上の入れ歯が入り完全に治るのは来年です。ヤレヤレ。 まぁここまで来たん…

湖山池夕景

鳥取3日目です。 夕景が撮りたくて、湖山池へ行きました。 以前もご紹介しましたが、海でも湖でもなく、日本一大きな池です。 でも、地元以外の方はご存じないと思います。 池の中にあるひょうたん型の島は、青島と言います。島を一周する歩道があります。 …

帰省、そしてサンドミュージアム

しばらく鳥取に帰省していました。 お盆にはまだ日にちがあったので、渋滞に巻き込まれずに帰れると思っていたのですが、高速道路が京都から宝塚まで渋滞し、3時間で帰れるところを7時間もかかってしまいました。 阪神高速の、気温は38度。 オーバーヒー…

さようなら、花の6月(植物園 蔵出し編)

今日も植物園です。これは沈床(ちんしょう)庭園というフランス式の庭園。 美しく刈られた樹木が特徴です。 ここで写真を撮ろうと思ったら、メモリーが一杯に。まだ数枚しか撮っていないのに・・・。 濡れたベンチに腰掛けて、せっせせっせといらない画像を…

京都府立植物園 大温室

梅雨の晴れ間、府立植物園へ行きました。 大温室(別料金・200円)は特に好きな場所で、いつも入ります。変わった植物がいっぱいで、いつまでも飽きずに見ていられます。 あれ?こんなトゲトゲのオブジェ、この前は無かったよね。 入ってすぐにあったベニ…

景色独り占め

帰省したついでに、郊外の散歩を楽しみました。 ずっと家で母と向き合っていると、話題がだんだん無くなり、家事も思うように進まず、次第に心が疲弊してくるのを感じます。そんな時は、気分転換にお気に入りの散歩コースをゆっくりと歩いてみます。 海か湖…

重要文化財の隣人 (京都に来て驚いたこと その2)

京都市内の、国の重要文化財に指定されている神社の隣に住む伯母が、笑い話のように話してくれました。 日陰を作っていた木を抜いてもらい、さっぱりした庭を眺めながらお昼ごはんを食べていると、何だか視線を感じる。そちらを向くと、観光客らしき人が隣の…

転んで出会った不思議な人 (京都に来て驚いたこと その1)

先週散歩中に撮った写真です。疎水沿いの紅葉がとても綺麗でした。どこを切り取っても美しいのが京都。まだまだ紅葉は綺麗ですよ。去年はイマイチでしたが、今年はいちだんと赤が鮮やかです。 京都に住み始めた頃、街の景観はさることながらまず驚いたのが、…

ディープな京都

地下鉄乗り場を目指してポルタ(京都駅地下街)をぶらついていた時、数人がクリスマスツリーに向かってシャッターを切っていました。 クリスマスツリーかぁ、もう年末なんだねぇ、年賀状もそろそろ準備しないといけないかな、と私もそちらへ向かって歩いてい…

疎水べりを歩く

京都市内には至る所に疎水が流れています。これは、下鴨神社から北大路通へ抜ける道を、南北に流れる疎水です。民家の間を縫うように流れる清らかな水を眺めているだけで、心がとても落ち着きます。 下は植物園の近くを流れる疎水です。左は南北の流れで、右…

スズメの楽園

紅葉はまだだねー、と思いながら、高野川に架かる蓼倉橋を渡っていました。 サギさんも、暖かい秋の日にのんびりムード。 すると、河原の砂が溜まっている場所で小鳥たちが騒がしい。何かな? スズメだ!それも、こんなに沢山。 チュンチュン、チチチ‥‥‥と鳴…

京は花曇り

花粉症が怖くて籠りがちの日々ですが、ベランダに花びらの便りが届くと、もう矢も盾もたまらずにお花見に行きました。 同じ高野川沿いでも、毎年桜の色が微妙に違います。 今年は淡いピンクです。年によっては、純白に近かったり、濃いピンクだったりします…

雪の大文字

カーテンを開けると、いきなりの雪景色。 うっ、さむっ。 明け方積もった雪に、京都の街はうっすらとおおわれていました。 ほどなく淡雪は解け始め、お昼頃にはもうほとんど消えかけています。 大文字はこんな感じです。 この街に来た頃には、風もないのに静…

下鴨界隈

高野川に架かる橋の上から撮影。紅葉しているのは桜の木です。こちらはもう散り始めています。 下鴨神社は、深い森の中に歴史の色をたたえて存在しています。静かな雰囲気に浸りながら、参拝の後に糺の森を散策しました。 境内の紅葉まであと少し。これから…

今日の高野川

歯医者さんの定期検診に行きました。検査では異常なしということで、衛生士さんに丁寧に磨いて頂き、帰りは心も足取りも軽くなります。 橋の上から撮った風景は、冬らしくうすぐもり。四季それぞれに趣があって、川辺の散歩は大好きです。 下の画像はこの前…

寒い日に行く場所

京都府立植物園の温室は、真冬でも暖かくて汗をかくほど。熱帯や亜熱帯産の珍しい植物が生い茂り、まるでジャングルのようです。この、パフのような植物を撮っている時、突然デジカメが作動しなくなりました。暫く動かなかったので故障したのかと心配しまし…