タテハ通信

好きな物があればあるほど人生は楽しい。そんな私の日常を綴っています。

一ヶ月半ぶりに実家に帰ったら、母の認知症が進んでいた

「最近体はどう?」
「うん、ちょっと腰が痛くてね」
「それは大変だね。近々帰るから、病院に連れて行ってあげるね」
「ああ、ありがとう」
それは、しごくまともな会話でした。

実はその前日、叔父(母の弟)から、母が認知症らしいという、ショッキングな内容の電話がありました。
道に迷い、警察に保護されてパトカーで送られた、というのです。
以前にも、自宅近くの停留所でバスを降りたら、自宅への道が分からなくなって近所の人に送って頂いたことがあったそうです。

覚悟はしていたけど、いよいよ来たか…。

実家に帰ると、玄関が開いていません。
チャイムを鳴らしても出て来ない!
いつもなら、私がすぐに入れるように開けてあるのに…。
異変を感じて、合鍵で中に入りました。
母は応接間のソファーにちょこんと座って、大音量でテレビを観ていました。
「あれ?今日だっけ?」
私を見ても、大して驚いた様子もなく、キョトンとしています。
大きな音に掻き消されてチャイムが聞こえないのは分かるけど、私が帰る日を忘れたの?

そんな態度を見ると、悲しいとか心配とかいうよりも、怖くなってしまいました。
知らない人がそこに居るような。

認めたくはありませんが、それはあきらかに、認知症なのでしょう。
でも、ちょっと思い直しました。
お母さんは、まだ、私を忘れてはいない!

「お母さん、補聴器は?」
「ああ、なくしちゃった」
「えっ、また?この前なくして、作ったばかりでしょ?」
辛うじて片方はありましたが、それも反対の耳に填めてます。
「どうして反対に填めてるの?」
耳に腫れ物が出来たから、と言うので調べると、少し赤くなっているので、それは本当らしい。

話がトンチンカンでおかしな所が多く、一体どうすればいいのか途方に暮れていると、介護用品のレンタルの会社の方が、定期点検にみえました。
その方は来訪の電話連絡をしていたそうなのですが、母にはその記憶が無いようなのです。
様子がおかしいと察したその方が、支援センターに電話して、すぐに担当のケアマネージャーさんが来て下さいました。

その日から、ケアマネージャーさんをはじめ、民生委員、近所のお世話係の方、心配した叔父、などが毎日のようにみえて、今後どうすればいいのか相談です。
安否確認の為にもヘルパーさんに来てもらったり、検査を受けさせたりしなくてはいけないのに「他人が家に入るのは嫌!私はしっかりしているから、検査も絶対に嫌!」
と、全て拒否。

全くお手上げですが、何とか同意してくれたのは、お弁当の配食サービスでした。
それなら、毎日安否確認が出来そうです。
それを足掛かりにして説得に説得を重ね、近所の人にも行くように話をして頂き、やっと検査をすると言ってくれました。
でも、9月まで予約が一杯でした。
それまでにまた進行していないかと、心配です。

それからの私は、整形外科への付き添いや買い出し、家の管理、そして勿論母の世話にと奔走する日々を過ごしています。

日光アレルギーなので、日が昇る前に起きて
庭の草むしりをしています。
足を何箇所も、虫に刺されてボコボコ。
悲惨な状態ですが、少しはいい事もあります。

雨上がりの朝、庭の片隅に1本だけ咲き残ったネジ花を見つけました。
f:id:kisaragikyo:20170722173057j:image
他のものは枯れてしまっていたのに、なぜかこれだけがかわいらしい花をつけていて、しみじみと眺めていました。
こんなに小さいのに、一つ一つがちゃんと蘭の形をしている。
それがまるでこの花のプライドのように感じられます。
母によると、引っこ抜いても毎年咲くのだそうです。
そう言えば、ネジ花は絶滅しないと聞いた事があります。
強いな〜。私も見習わなくてはね。

ご近所さんから、採れたてのお野菜がどっさり届きました。
f:id:kisaragikyo:20170722201759j:image
「大変ですね。ジャガイモ、タマネギ、キュウリならいつでもあるから、言ってね」
ご主人の介護を、何年もされている方です。
多くを語らぬ優しさが、身に沁みました。

母に振り回されてつい声を荒げてしまい「私、病気の人に向かって何言ってるんだろ」と、時に激しく落ち込んでしまいます。

でも、進歩も見られます。
母の表情がだんだん豊かになり、会話が噛み合うようになってきました。
「白鳳は偉いね〜。怪我をして負けても立ち直って連勝しているんだよ」
相撲好きの母の言葉に光明を見いだした気がして「そうだよね〜。凄いよね〜。頑張りやさんだねえ〜」と力を込めて言うと、母は嬉しそうに笑いました。

そうか。
こんなさりげない会話が、本当は重要なんだ。

それからは、小さな事でも母に話し掛けたり褒めたりしています。
「着替えが早く出来たね」「お風呂が綺麗に洗えてるね」「洋服をちゃんと畳めたね」など、本当にささいな事。
でも、褒めると母の瞳はキラリと光ります。
ちょっぴり脳が活性化するのかしら。

母から学ぶことはまだまだ沢山あります。
そして、私と母の新しい関係が、これから始まっていくのでしょう。

愚痴めいた話を長々と書いてしまいました。
最後までお読み下さり、ありがとうこざいます。

入り口の制作

正面の外観を、平面的ではなく斜めに角度をつけてみよう、と思いました。
ちょっとした遊び心です。

3枚の壁を組み合わせて凹凸をつける構造なのですが、いざくっつける時に3枚とも壁の厚みが違っていて、焦りました。
f:id:kisaragikyo:20170710095500j:image
斜めにカットすると表面積が大きくなる、という事をすっかり忘れていて「あらま」。
でも柱を挟み内壁に厚みを増したりして、何とか完成です。

ショーケースとメニューボードを置くと、それらしいムードが出てきました。
窓には庇かシェードを取り付ける予定です。
何色が似合うかな〜。
煉瓦が明るい色なので、喧嘩しないように、落ち着いた色の方が良いかも知れませんね。

さて、一段落つきましたので、明日から鳥取に帰って母の様子を見てきます。
(本当は、この続きをチャッチャと作りたいところですが…)
腰が痛いと言っていましたから、ちょっと心配なんですよ。

蒸し暑い季節、皆様お健やかにお過ごし下さい。

ミニチュア厨房、ほぼ完成!

昭和の喫茶店のカウンターと厨房が、やっと完成しました。
棚の中の食器類を作っているうちに、どんどん時間が経ち…。
その間、前回の記事に皆様に沢山の☆を頂き、本当にありがとうございました!!

さて、やっと完成したキッチン。
カウンター側から見たら、こんな感じです。
f:id:kisaragikyo:20170708085322j:image

上から見たところ。
f:id:kisaragikyo:20170708085358j:image

オムライスがもうすぐできそうで〜す。
f:id:kisaragikyo:20170708085427j:image

冷蔵庫の空間はなかなか埋まりません😅。
ドアポケットも付けたいし、下の棚には野菜類を入れよう。
f:id:kisaragikyo:20170708085957j:image

昭和レトロ感を出したくて、棚の上に明かりとりを付けました。
f:id:kisaragikyo:20170708085510j:image

2ミリの棒を組み合わせて…。
f:id:kisaragikyo:20170708093327j:image
焦げ茶のアクリル絵の具を塗り、プラ板を挟んで、この2枚をずれないように貼り合わせます。
f:id:kisaragikyo:20170708093355j:image

目立たないけど、ワゴンも頑張りました。
f:id:kisaragikyo:20170708093558j:image

あとは、グラス類や、コーヒーを淹れる道具が今後の課題です。
以前作ったグラスは、数が全然足りません。
それに、肝心のコーヒーの淹れ方はどれにしようかな…。

夏休みの宿題が山積ですが、出来るところまで頑張ります!

カウンターの中、厨房部分の制作

一か月ぶりの更新です。

晴れの続く6月はありがたく、衣替えや毛布の洗濯など、夏を迎える準備にバタバタしていました。
その合間に梅仕事も始め、熟した梅たちが良い香りを放っています。

さて、ミニチュアの方はどうかと言うと、ゆっくりと完成に近づいている模様。
現在はこんな感じです。

喫茶店のキッチン部分が、何とか形になって来ました。
f:id:kisaragikyo:20170621155317j:image

画像を編集していない為、ちょっと暗めです。(明るくするとタイルの壁がハレーションを起こし、食器がよく見えないので…)
棚を付けると、多分大丈夫だと思います。
f:id:kisaragikyo:20170621155640j:image
棚を上部と壁に付け加え、食器類をもっと増やす予定です。
本物の家がだんだん出来上がって行くのを見ているようで、ワクワクしています。

水道の蛇口は、こんな感じに仕上げました。
オーブンがチラリ。
f:id:kisaragikyo:20170621161202j:image
ハンドルは2つ。お湯と水。
出ないけどね(笑)。

棚の中のコーヒー豆の容器、ネットで探しました。これが見つかった時は、めっちゃ嬉しかった!
1.3センチのキューブ。ガラスドームと言うらしいです。
蓋はボタンとワイヤーで作り、シルバーのペンキで着色してあります。
f:id:kisaragikyo:20170621162558j:image
コーヒー豆は、何かのオマケで貰ったシードビーズです。
あまりの地味さに「こんなん、絶対使わへんやろな~」と、ずっとしまいこんでいました。こんな所で日の目を見るとはねぇ。
捨てなくて良かったぁ!

明日は足りない部分を作ります。

帰省レポート*ぜ〜んぶ砂

14日から17日まで、夫と鳥取に帰っていました。

母の歯科検診の付き添いがメインの目的です。
レンタカーであちこち廻ろうと、楽しみにしていたのですが…、
母が失くしてしまった補聴器の作り直し(高いのに、なんで失くすかな〜!)、頼んでいた植木屋さんへの対応など、仕事が山積で、残念ながら、あまりのんびりとはできませんでした。

かろうじて出来た隙間時間に、母が行きたがっていた、砂丘にある『砂の美術館』へ行ってきました。

母と手を繋いで、館内を一周。
今年のテーマは『アメリカ』です。
ぜ〜んぶ、砂丘の砂と水だけで制作してあります。

では、ゆっくりとご鑑賞ください。

《アメリカの文化〜映画産業〜》
f:id:kisaragikyo:20170522102729j:image

《アメリカのスポーツ》
f:id:kisaragikyo:20170522102800j:image

《アメリカの音楽》
f:id:kisaragikyo:20170522102820j:image


《アメリカ独立宣言》
f:id:kisaragikyo:20170522092531j:image


《西部開拓時代》
f:id:kisaragikyo:20170522092810j:image

デラウェア川を渡るワシントン》
f:id:kisaragikyo:20170522100028j:image

《ニューヨークの摩天楼》
f:id:kisaragikyo:20170522102949j:image

人と比べて見ると、大きさがわかります。
f:id:kisaragikyo:20170522092908j:image

この他に掲載していないものも沢山あり、見応え十分でした。
カメラマンの腕の悪さはご容赦下さいませ。
自由の女神のたいまつが欠けてる〜…。

毎年テーマが違うので、母は早くも「また来年一緒に来ようなぁ〜」と言っていました。
ま、喜んでもらえてよかったかな。

小さなバッグとメニューの制作

喫茶店のお客さんのバッグと、メニューです。

バッグは3種類です。
真ん中のコンビのバッグは、私が以前持っていた物のミニチュア版です。
左のブルーグレイは、沢山入りそうなので持ち物が多いお母さん用、右の赤は若い人向きかな?
もっと作る予定だったのですが、3つ作ったら疲れてきました。
f:id:kisaragikyo:20170511212016j:image
チェーンや金具は、ネックレスの材料です。
手作りネックレスに凝っていた5年前の物を引っ張り出してきました。
その時はまだ、ミニチュアを作ろうと思ってはいなかったのですが、まさか今頃役立つとは…。

そして、喫茶店に無くてはならないメニュー。
f:id:kisaragikyo:20170511213911j:image
模様と文字は、面相筆でも太すぎるので、楊枝の先に絵の具を付けて描きました。

大きさはこんな感じです。
f:id:kisaragikyo:20170511214443j:image

今回は、母に貰ったバッグの材料が大いに役立ちました。
でも、ミニチュアですから、使ったのはほんのちょっとだけなんですけど…。

風薫る下鴨神社

5月の爽やかな風に誘われて、下鴨神社まで行きました。
一礼して大鳥居をくぐると…、
f:id:kisaragikyo:20170506132321j:image

美しい楼門。
f:id:kisaragikyo:20170506132910j:image

この日(4日)は流鏑馬の翌日で、15日の葵祭に関連した行事や儀式が行われています。

斎王代御祓の儀』は終わっていましたが、
『古武道奉納』は始まったところでした。
f:id:kisaragikyo:20170506134425j:image

こちらが古武道奉納の舞台です。
f:id:kisaragikyo:20170506143222j:image
f:id:kisaragikyo:20170506143257j:image
f:id:kisaragikyo:20170506132725j:image

下鴨神社境内には、他にも沢山の見所があります。

君が代に歌われるさざれ石。
f:id:kisaragikyo:20170506145632j:image

縁結びのパワースポット相生社。
鳥居奥には、二本の木が絡まって一本になった賢木が祀られています。
隣の祠には、若い女性が大勢お詣りの順番待ちをしていました。
f:id:kisaragikyo:20170506145034j:image
f:id:kisaragikyo:20170506144343j:image

境内はかなりの広さ。短時間で全部巡りたい方は、馬車でどうぞ(有料)。
f:id:kisaragikyo:20170506135826j:image
本殿の横にこんな立て札が。
f:id:kisaragikyo:20170506150320j:image
人混みに疲れて休憩中の木陰にカタツムリ発見。
f:id:kisaragikyo:20170506132830j:image   

大木は天を突き…、
f:id:kisaragikyo:20170506140622j:image
f:id:kisaragikyo:20170506133150j:image
根本には慎ましやかなシャガの花。
f:id:kisaragikyo:20170506133121j:image

お昼は下鴨かごの屋さんで、豪華めの食事を頂きました。
f:id:kisaragikyo:20170506151157j:image